Dakota-鍋茶碗。

いやぁ、さぼるね。
ほんと、あ!ブログ書かなきゃって思いすら搔き消すほど
さぼっておりました。
すみません。
とか言いつつ、閲覧数などゼロに近いのかもしれないけども、
それでも、それでも、さぼっていたことに対しては、今日のブログの主人公さん達に失礼ではありませんか!
本当、以後気を引き締めます。

さて、その主人公さんたちというのが落語の題のようですが、
鍋茶碗を作りに来てくださったお二方です。
今は、丁度いい茶碗がなくて、どんぶりで食べるんですよ~。と。
そりゃ、作らねばですね!
でも、どうやら鍋自体は小さいらしく、何回も作り直すとのこと。
主婦になってからやけに合理主義になってしまった私から見ると
お!!割にどんぶりは理にかなっている??とも思っちゃうのですが、
そんなことを言っては陶芸たるもの、直接フライパンから食べますの世界と真反対にいる。
そんな仕事に関わっているのだから、鍋茶碗を作りましょう!
鍋を新調して大きくなった時にも使える鍋茶碗!
そう、それが今日の私たちの目標~!!
20170211_163009
そんな感じで、ご家庭の事情やら鍋のサイズやら、個人情報ダダ漏れで体験は進んでいきました。
お二方とも、何回かご経験があったりもしてとっても上手。
きっと本当においしい鍋が囲めるはずです。
20170211_170600
そうそう、ペットのうさちゃんの箸置きも作られました。
うさちゃんへの愛情がひしひしと伝わってきましたよ。
あと、もう少し鍋の季節は続きそうです。
使ったご感想もぜひ教えてくださいね。
20170211_172744

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA