Dakota-擬音ゴーゴー!オノマトぺッショー!

IMG-1174
なかなか、更新できなくてすみません。
書いてはさぼり、書いてはさぼりの工房主芸林です。
ドイツの展示は無事に終わり、時差ボケボケのまま次の展示の準備に入っておりました。
次は東京で開催します。

ドキドキ、フワフワ、ジリジリ・・・
この世はオノマトペで溢れている!
音は聞こえるけど、目に見えない。
気持ちは伝えられるけれど、触れられない。
そんな世界を飛び出して、キュンキュン、ドッカーンが沢山詰まった
オノマトペッショーへPing-Pongの二人がお連れします。

時は2017年初春。
スラスラと筆を滑らせるマシュー・モスの絵を見て芸林晶子がギョギョッと驚いた。
ペタペタと土を貼っていく芸林晶子のオブジェを見て、マシュー・モスがクスクスと笑った。
”一緒に組もう!”
チームピンポンを結成してから約2年。
今回は、ピンポン初の展示となります。
さぁどんな音に出会えるか。
土とイラストと沢山のワクワクが詰まった展示を是非お楽しみください!
Ping-Pong初の展示”擬音ゴーゴー!”
オノマトペッショー

土とデジタルアートの融合、摩訶不思議なPingPongの世界をじゃんじゃんご覧くださいませ!
初日の20日にはオープニングパーティーも開催します。(19:00からnoieにて。)
どなた様もふら〜っとお立ち寄り下さいね!

2019年7月20(土)〜28(日)
2会場同時開催

①noie( 額縁額装店newton内 )
東京都目黒区八雲1-5-6
平日9:30-19:00 日曜11:00-17:00

②Quantum Gallery&Studio
東京都目黒区中根2-13-20レオナ都立大3F
11:00-19:00
両会場とも、最終日は17:00まで。
どうぞよろしくお願いいたします。

Dakota-誕生祝。

坊の保育園で知り合った戦友とも言えるべき
私の大切なお友達が、第二子をご出産されました~。
同じ年なのですが、バイタリティが違う!
もう、私には産む何て行為が不可能に近いです・・・。
そんなわけで、ご誕生のお祝いに一筆取らせていただきました。
お名前はKから始まるので、KISSのロゴをちょっと拝借。
ロックな母ちゃんから生まれたお嬢様ですから、多分ロックな子に育ってくださることでしょう。
”Shine on her brillant soul”とお入れしました。
裏面には、生まれた日のデータなど。
20190329_124143
沢山このお皿で食べて大きくなってくれるととても嬉しい。
成長を楽しみにしているぜ~!
20190329_195817

Dakota-春の訪れ。

だんだん、工房の水が冷たく感じられなくなり・・・。
窯を焚くと暑く感じるようになり・・・。
エアコンをつける回数が減り・・・。
働きやすい季節がやってきました。

さて、最近の制作の話。
7月の展示に向けて、歩みの遅い私はコツコツとやっているわけです。
何がどうなってこうなったか分からないんですが、右のようなおっきな代物を作ろうとしてたんですよ。
柔道家の寝技のごとく、一人で巨大な板を裏返したりしてね。
そしたら、何故か寝技を上手く返すんですよね。この子。
私の手をすり抜けていきましたよ。
オリンピックまで500日切りました。
20190312_153737
追記)工房の沈丁花も開花し始めました。
春だ!
20190313_100055(0)

Dakota-卒園式の花。

先週末は、娘の卒園式でした。
あの冬の寒い日に産んで、その赤ん坊が小学校に入るんだから
私も年を重ねているわけです。ハイ。
涙涙の卒園式であろうと予測されたわけですが、
私にはそのような余裕もなく・・・。
娘の髪飾りさえぎりぎりまで用意できず・・・。
自分の事ばっかり考えていたわけじゃありませんよ。
卒園児全員のことを考えていたわけです。

生花は次の日に捨てちゃうからもったいないと卒業対策委員の方々から相談され、
試作を作ったのはまだ暑い日でした。
それが、なんともう卒園時期。
早いなぁ・・・。
通っている保育園は年長クラスが”ユリ組”なのでカラーリリーから着想を得ました。
花言葉は華麗なる美。
IMG_20190310_103855_961
小さな心に咲く花が、枯れずにずっと咲き続けますように。
数人のお母さん達と集まって作りました。
皆さん、仕事や育児の合間を縫ってリボンを結びに来てくれたり、
パーツを買い出しに行ったり・・・。
もはや、戦友でございます。
色々な思い入れが交錯し、礼拝堂で行われた式はとっても厳かで美しいものでした。
感謝の気持ちがあふれて、大人泣きいたしました。
みんな、おめでとう!
IMG_20190309_162239_432

IMG_20190309_162239_431

Dakota-C.A.PのCAP展。

東京に来る前にお世話になったC.A.P”芸術と計画会議”が25周年を迎えます。
自分が真剣にアートと向き合うことを教え込んでくれた場所です。
今もちょこちょこと活動に関わらせて頂いているので、
今回も参加させて頂きます。
私は、C.A.PのキャップのCAPという陶製のキャップで出来たCAPを作りました!

かぶれる展示!CAPフェス! ◯「C.A.P.のCAP展」
C.A.P.は2019年で活動開始から25年目を迎えます!そんな節目の年に今までやってそうでやってなかったCAP=帽子展をやります!!アーティストたちが作る楽しい帽子の展覧会です。

参加作家:井階麻未、池田圭、引頭真由美、植田麻由、上村幸、禹貞美、浦田さおり、おおたけなおこ、大塚奈緒子、加藤家、加藤元、かなもりゆうこ、嘉納雅子、かのうりん、紙野永子、川口奈々子、カワサキマキ、倉富泰子、芸林晶子、合田紀子、坂本京子、櫻井類、猿澤恵子、シエミリス、柴山水咲、杉本安希、杉山知子、田岡和也、竹内章人、築山有城、鶴見安子、富永順子、友村朱美、成生恵、西林郁子、新田恭子、はにおかひさこ、東明、瓢吉庵油坊主、まえしま須美、魔女メグ、マスダマキコ、増成実、松浦節子、まとばJOEさとこ、森田優希子、森のようちえん「そとはうち」、森本海、森谷百合子、八木淳一、矢野衣美 ◎2つの展覧会 「CAP NOW」 「C.A.P.のCAP展」
2019年3月3日(日)〜10日(日)10:00〜19:00/4日(月)休み ◎CAPフェス!ファイナル!!
2019年3月10日(日)12:00〜19:00ごろまで

会場:KOBE STUDIO Y3
650-0003 神戸市中央区山本通3-19-8 海外移住と文化の交流センター内

アクセス:
JR・阪神「元町」駅より徒歩15分、地下鉄「県庁前」より徒歩10分、三宮から市バス7系統で「山本通3丁目」下車徒歩2分。お車でご来館の場合は、有料駐車場(9:00~18:00)をご利用下さい。
主催・問い合わせ:C.A.P(芸術と計画会議)
phone/fax:078-222-1003
email:info@cap-kobe.com
(10:00〜19:00/月曜休。月曜が祝日の場合翌日休)
IMG_20190301_073831_209

Dakota-横浜陶ISMに出ます。

今週末の陶ISM用に作ったお猪口です。
展示が終わって、ほっとつく暇もないまま久々催事に挑戦します。
どれもこれも勉強!
IMG_20181120_122622_688
学生時代、いつもつるんでいた仲間の中で、金曜日の夜になると、
「キッスがしてぇ~。」と淡い期待を抱いて夜の街に繰り出す友達がいました。
そして、大概の月曜日には浮かない顔をしていたそんな彼のことを思い出して作りました。

参加作家一覧で事務局に置かれるようなので、
自身のブースでは置いていません。
私のブースでは皆様の生活向上には特に役に立たないものを
置かせていただいておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

陶ISM2018 in 横浜

2018年11月23(金祝)-25(日)
10:00-19:00
(最終日は18:00まで)

横浜赤レンガ倉庫1号館2階にて

Dakota-Mio先生、様様。

今年の大きな収穫に、ポーセラーツとの出会いがある。
もっと大きな贈り物はミオ先生との出会いだ。
ポーセラーツを丁寧に教えてくださる素敵な先生。
毎回、結構無茶な希望を出しては、先生がこうしたらああしたらと
私には想像もつかないアイデアで返してくださる。

今回は、カッターマシーンを沢山使って
数字や文字の切り抜きをお願いしました。
ミオ先生の素敵なスタジオで。
ゆったりとした時間が流れていきます。
私は、ただの傍観者。
20180926_114830
あとは、小さな文字をどうつけるかというのも教えていただき・・・。
ミオ先生、最高です!!
ありがとうございました!
20180926_120441

Dakota-Hand。

決して美しくはないのだろうけれど、自分が一番大切に思うパーツ。
それは手であります。
この手が無かったら、作り出せないものがある。
IMG_20180615_124050_972
そう思っている。

昔、先生についていた時に、
「こけるなら顔からこけーよ。手はつくんやないぞ。」と言われていた。
今もそうしている。
そんな手を大事にする私が思う一番美しい手の形。
お釈迦様の手。

Dakota-工房主の心中。

焦る。焦る。
最近は、心が焦っている。
なぜって、提出期限が迫っている公募展があるもんで、
毎日窯を焚いたり、書類を作成したり。
余っている時間も、なんだか心に余裕がない。

そんな作品も、無事に焼きあがった。
公募展のために焼くのではなく、ちゃんと日々作り貯めていなくてはいけないんですけどね。
どうしても出したくて、滑り込みとなりました。
20180606_155324
頑張って来いよ~。
20180606_155305