Dakota-高校からの。

とある昼下がり、浅草の小さな陶芸工房に集まった愉快なお三方。
「高校からの同級生なんですよ~。お嬢様学校だったんですよ。ケタケタ!」
いえいえ、今も十分お嬢様でございますよ!

作るものはそれぞれ決まっていた皆様。
性格も分かっているもんだから、几帳面にやりそうだね~。と声をかけながら
笑いの絶えない2時間でした。
20171023_142439
出来上がったお皿には、仕切りもつけていきます。
20171023_145409
三人三様楽しい作品ができました!
又、いらしてくださいね!待ってま~す!
20171023_163348

Dakota-マスクとコルセット。

今週は、月曜から熱が出た。
日曜日の腰痛のせいで雨の中、整骨院に行ったからだ。
そんなわけで、マスクとコルセットのダブルでスタートした。
そんな週に限って校外学習の研修で中学生のわんぱく組が沢山来てくれた。
元気ならもっとみんなと遊べたのになぁ。

なんとか生きてる。
明日は、保育園のバザーで焼きそば売ってる。
今日は子供と寝落ちる。

来週はブログ頑張りますので。

Dakota-工房主の徒然。

私は、黒い羊もみにくいアヒルの子もちびくろサンボもみんな好きだ。
みんなそうなのかもしれないけれど、私も例にもれず一度は自分がその一人だと思ったことがあるからであります。
否定的な意味はないのかもしれないけれど、どうも「みにくい」とか「ちび」とか何となくマイナスのイメージに誘導されるよなぁ。
異端児ってのも、悪い意味ではないのに、なんだか漢字がよろしくないような気がするのです。
そんなわけで、私はピンクの目玉焼きを作りました。
ピンクも目玉焼きもかわいい。
自分は好きだ。気持ちが明るくなって、お腹がすいてくる。
だから、これからは、ピンクの目玉焼きを貫こうと思う。
陶芸なんてコスパの悪いことが好きな人種なのに、そうであることを隠していたようにも思う。
器とかを作らない人種なのに、陶芸のステレオタイプに合わせようと必死だったように思う。
作品を発表したいのに、変わっているって思われたら嫌やなってずっと隠れていたように思う。
矛盾しているのがだんだんダメになってきて、最近正々堂々と顔を出す決意をした。
そう、アパホテルの社長さんのように、「私がやっております!」と表明せねば。
歳もミドルに差し掛かり、決して容姿端麗なわけではないがちゃんとやろう。
IMG_20171009_084907_397
私、こんなものを生み出す人間です!
責任もって作ります。

良かったら見てね。

dakota工房主 芸林晶子作品インスタグラム 

Dakota-10月のサタデー陶芸ナイト。

雨の多い10月。
そんな元の悪い中でも、第2土曜日に通ってくださる方々がいる。
感謝。
今月も、和やかに温かな夜になりました。
サタデーという存在をいつ知ったか知りませんが、
最近は娘っこも「サタデーに行く!」と言うもんで、
時々参加させてもらっています。
常連の方々は、いつものように器を作ったり、置物を作ったり、
初めての方も素敵なお皿ができました。
20171014_181909
坊は、終わったらお片付けも。
心が温まる夜に感謝です。
20171014_204549
来月は、11月11日(土)18:00-開催いたします!
是非ご参加ください!

Dakota-秋には長皿。

この季節、よく出る旬のものといえば、魚をのせるお皿でして・・・。
だって、秋刀魚がうめえんだもの。
書いてるうちから、おなかが減ってくる・・・。

そんなわけで、お越しくださったご夫婦。
あれ!!一度いらしてもらった事がありますよね・・・?
ご予約のお名前が、旦那様のお名前だったので気付きませんでしたが、
こうやってリピート頂けるのはこの上ない光栄です。
もちろん、長皿をご希望され仲良しなお二人は採寸も合わせて作りました。
ここまで、昨日書いていたのですが、本気でおなかが減り途中でつまみ食いをしに行き・・・
本日又気持ち新たに書いております。
作っている時も楽しそうなお二人は、一緒に囲む食卓もそれは笑いでいっぱいなんだろうなぁと
思います。
20171009_133636
陶芸は作る楽しみ、使う楽しみ、でも使う時が大好きな時間だったら更に楽しい。
お二人で仲良く秋の味覚、楽しんで下さいね!!
20171009_144100

Dakota-芸術の秋。

久々に野口講師に担当していただきました。
芸術の秋、食の秋、この季節にぴったりの先生です!
今回お越しくださったのは、お二人組さん。
「私は一回体験したことがあります~。」
もしや陶芸の魅力にはまったかしら!!

「えっ!作るものっていくつかパターンがあるのかと思っていました!」とおっしゃっていた二人。
うちでは好きなものを作っていただけるんですよ~。
その方がやる気出ますもんね。
20171012115410

ってなわけで、うどんが食べられるどんぶりと徳利を作るということになりました。
大きいものを作ると、どうしても重力の関係で粘土が落ちてくるのですが、
そんなアクシデントにも負けず、どんぶりになりました!
とても頑張りました。と野口講師もほめてらっしゃいました!
徳利も同様、広がりやすいため、一度はお茶碗の形に・・・。
それでも一生懸命縮めて、くびれまで作ることができました。
20171012115444
二人とも頑張って作業して、一時無音な事も。。。。
集中した秋の昼下がりでした!
20171012115519

Dakota-家族で。

三社祭やら、保育園の親子遠足やら、パソコン壊れた事件やら、モノマチに参加していたら
すっかり前の話になりましたが・・・。

先日、なんとも可愛い娘さんお二人を連れてご一家でお越しくださったご家族。
二人ともちゃんとご挨拶ができてとーってもかわゆい。
20170514_103140
パパチームとママチームに分かれてそれぞれ作っていきました。
ママチームは共同制作&アンパンマンのお皿。
20170514_104839
これで子供が喜ぶんだから、家中アンパンマンになるわけだ。
20170514_110641

パパさんチームは・・・
パパさんほぼ一人のお仕事になりましたが・・・。
20170514_113047
今も夜な夜なガンプラにはまっているという手先の器用さ。
「小さい頃には、家に窯があって陶芸も結構やったんですよ~。」
と。
そんないい思い出が、娘さんたちの記憶にも残ってくれると、こちらもとっても嬉しいです。
又、ご家族で遊びにいらしてくださいね~!

Dakota-ユースケさんな日。

ゴールデンウィーク中の野口です!
皆様、大型連休いかがお過ごしですか?
私は、ダンスやったり、陶芸やったり、先生やったり・・・。

オッっと、この前のセンセをやったときのお話を書こうと思って
レポートを書いていたんでした。
akko先生に送るのをすっかり忘れていたんですが!!

社会人4年目のとっても元気なお二人でお越しになりました。
最近、私が対応する方は大体そのくらいの年齢が多いです。
若い方達の間で者に流行っているんですかね。
お二人に聞いてみたら、周りでは特に聞かないです。と・・・。
やっぱり、私の勘違い!
陶芸はやはりなかなか流行りに乗れない!
お二人はどのようなきっかけで陶芸を?と聞いたところ、やったことがない事をやりたくてとの事でした。
20170502230948
新しいことに挑戦っていいですもんね。
雫の形の小鉢と取っ手にこだわりのあるハイボールグラスを一生懸命作っていると・・・
ガラガラッと見知らぬ青年が!
どうやら、akko先生の大阪のお友達のようで、かなり明るいユウスケさんの登場でした。
そんなサプライズ登場に、「ぼくもユウスケです。」とハイボールグラスを作る手も止まる。
「ユースケって名前の人はみんないい人なんっすよ~。」わっはっはー。と言いながら帰っていかれました。
20170502231027
写真はユースケさんとお連れの美人さん。

そんなハプニングにも笑顔で対応してくださった素敵なお二人。
出来上がりもバッチリでした!焼き上がりをお楽しみに。
20170502231004
P.S ゴールデンウィーク中は誠に勝手ながら7日までお休みをいただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

Dakota-気持ち新たに。

37歳になりました。
響きが40代に近くなり、結構びびります。
まだまだやりたい事が沢山あるのに、こんなペースじゃすぐ寿命が来てしまうっ!!

てなわけで、今年は日めくりカレンダーに毎日していくことをメモしていくことにしました。
で一つ一つ、一日一日こなしていくのです。
地道な積み重ねを信じて、一年後には今と違う風景が見えることを信じて。
20170124_172843
目下の目標。
1.体メンテナンス。(腰痛を治す。)
2.クラスとイベントの充実。(更にパワーアップしていろんな人を巻き込む。)
3.自分のプロジェクトをスタートラインに立たせる。
(今まで温めてきたものを目に見えるようにする。少しはオーダーが来ますように!)
4.怒りちらさない。家族にやさしく。大きな心で受け止める。(特に3歳児、1歳児。余力があれば42歳にも優しく接する。)
5.仕事は100%。家事はできることだけ。

いつも温かく支えてくださる皆様に感謝して、37歳も日々精進していきます!!

Dakota-お手紙。

こういう瞬間が、やっててよかったと思える。
ひとつの対価。
先日のかわいい中学生のみなさんが、お手紙を書いてくれました。
もちろん、学校から書かされているんでしょうが、
言葉の一つ一つ、丁寧に読ませていただきました。
ありがとうございます。
みなさんの人生の中で、陶芸の思い出が出来たら嬉しいです。
そして大人になって、また自ら陶芸をしてみようってことになったら
工房主冥利に尽きます。
みんなの成長の過程に少しでも関われることに
喜びを見出す100%おかんな工房主でした。

また来てね~!
20161216_145834