Dakota-娘の彼氏。

夏休みももう終わろうとしている頃、
娘が仲良くしているボーイフレンドが自由研究をしていないと汗だくの私に言ってきた。
なんとも放っておけないので、娘の絵付け日に合わせてデートに誘った。
これでは、娘の嫁ぎ先を手配するおせっかい母になる日も近そうだ。
キャデラックをさっそうと乗りこなす彼には、浅草まで並走してもらうことにし、
いざ、ゆっぴのママの工房へ!!
IMG-1814
今日は、クラスの日だから二人ともゆっぴのママの生徒さんにはご挨拶だよ~。
と言い聞かせ。
お茶の用意も手伝ってくれました。
素直な小学一年生たち。
ぎりぎりではありましたが、頑張ってピカチュウのお皿を作りました。
IMG-1790
その後は、若い二人がピザを食べたい、メロンパンを買いたい、金魚すくいをしたいというので
娘の浅草デートに割り込んでやったわい!
夏は、子供が成長する季節。
親も一緒に前進できたら。
IMG-1808

Dakota-夏休み最後の。

お家ばっかりにいるとゲーム漬けになるので~。
と自転車に乗って夏休み最後のアクティビティにお越しくださいました。
手が汚れると、ほらほらDSも携帯も触れない。
って工房主は、ばんばんそんな手で携帯もパソコンもおにぎりも触っちゃいますけどね。

ゲームばっかりとは御謙遜で、
絶対外遊びが好きであろういい色に焼けているかわいいお客様。
(ご本人はかっこいいがいいというだろうなぁ。)
お母さんと一緒に来てくださいました。
工房主のアッコ先生とは、少しテレがあるけれど
ママにはまだまだ甘えたいお年頃。
名前入りのかっこいいお皿を作りました。
もう、アルファベットも書けるんだ~。と頭文字を。
ママの作品もじっと見つめます。
IMG-1774
夏休み最後のいい思い出になったかな?
幼稚園生活に落ち着きが戻るころに、焼きあがるのでもう少し待っててね~!
IMG-1775

Dakota-家族の図。

嬉しい予約のひとつに
小さい子供も一緒に行っていいですか?というものがある。
一緒に来られるだけでなく、一緒に作れますよ。とお答えすると
皆様、ええええっ!!となる。
私もね、ずっと小さい子供はまだ何もできないと思っていた。
でも、小さい子供は私達より日々成長し、吸収し、生きようとする力がみなぎっている。
そんなパワーあふれる小さな子供に不可能はない!!

そんな訳で、こんなにまだまだ小さなベビちゃんはお皿に足型をペイントしたりしている。
今回は、出番までちょっとごろん。
めっちゃ泣いてますけど!
IMG-1749
お父さんとお母さんが先に陶芸作品を仕上げます。
こんなほほえましい図、幸せにあふれてる!
暑い日に、電車にわざわざ乗ってきてくださり
どうもありがとうございました。
とっても素敵な親子さんでした!

Dakota-夏休み後半戦!

夏休みいよいよ後半のお話です。
私は展示後のリラックス週間を経て後半の夏休みこどもの宿題お手伝い隊長として
日々、自由研究のための陶芸体験を繰り広げております。

今回は、自由研究ではないけれど、もうことしで4回目の夏。
夏休みにはいつも電車を乗り継いできてくれる親子さんの体験です。
まだまだひらがなが書けなかった頃から来てくれているえいた君。
今年は、漢字で住所まで書いていってくれました。
一緒に成長を見つめられるなんて、なんだか本当にうれしい夏の一コマです。
子供の成長は著しいので、毎年毎年好きなものや夢中になるものが違っていて面白い。
2年前は世界地図が好きだったえいた君は、今年はこんがりと焼けて
もうぽちゃっとした子供のような体つきでなくなっていて、どこから見てもサッカー少年でした。
数年前は、照れて話してくれなかった時期も忘却の彼方。
4年生になった彼は、社会性も身につき、私とも楽しく会話してくれるように成長していました。
もちろん、陶芸の技術も比べ物にならないほど上がっていて、指先が器用に動くようになりました。
今年は、お皿に挑戦。
中には、大好きなサッカーの模様を刻みます。
一緒に体験できるっていいなぁ。いい親子の図。
IMG-1744
陶芸の後はいつも鰻を食べに行くというお決まりのコース。
今年も鰻、陶芸を満喫してくださったようでよかったです~。
来年もお待ちしております!!
IMG-1746

Dakota-夏が大好きだ!

夏が好きだ。
特に、夏休みが好きだ。
夏休みの何が好きかって、かわゆい子供さんたちが遊びに来てくれるってことです。
この日は、丁度めっちゃめちゃすごいゲリラ豪雨の日でした。
にもかかわらず、お母様たちが頑張って連れてきて下さいました。
私も、それに応えたい!!
そして、うんうん。間違いなくお母様もお子様達もスンバらしいほどかわいかったです。
IMG-1487
IMG-1489
最初は見ているだけだった妹ちゃんたちは、いつの間にか絵付けで参戦!
IMG-1486
6ヶ月のベビちゃんも。
IMG-1492
陶芸は赤ん坊からご高齢までボーダレスで楽しめるものづくり。
これからも、作る喜びを伝えるべく暑い夏でもakko先生フル稼働します!

Dakota-ゆっちゃん一家。

ゆっちゃんという友達がいる。
中学2年生のころからだから25年ぐらいの付き合いになる。
そんなゆっちゃんとは、毎日電話をし、吉本新喜劇の話にはまり
毎日ゲラゲラ笑っていた。
隣町の高校に進んでも、いつも待ち合わせをして電車の中でゲラゲラ笑っていた。
大学生になったころ、ゆっちゃんも素敵な彼が出来たというので
話を聞いたら、これまた中学校の同級生の水口君だった。
水口君と私は、そこまで話さなかったものの高校まで一緒だった。
私にとって地元が一緒の水口君は、いつの間にかゆっちゃんの彼氏になった。
ゆっちゃんの彼氏が、ゆっちゃんにプロポーズし、
ゆっちゃんは23歳で結婚した。
23歳で結婚したゆっちゃんは25歳の頃にはお母さんになった。
何もわからずぽけーッとしていた私を横目に手早く料理を作る身長145cmのゆっちゃん。
私がこっちに来て、帰省するときは、もうすでに一人で出かけられるんだ~。と
梅田駅でご飯を食べたりした。
そんなゆっちゃん一家が原宿巡りをするついでに
私の所へ来てくれた。
水口君も一緒だ。
私がぽけーッとしていた頃、ばぶばぶ言っていたせいちゃん、ここちゃんも
素敵な少女になっていた。
IMG-1397
同級生の水口君のパパの顔を見るとなんだか信じられない。
PTA会長もやっちゃってんのか!水口氏!
自分もそんな年なのかと気づく。(失礼!水口君!)
そんな不思議な縁を感じながら、
又ゲラゲラ笑いの止まらないすごくいい時間を過ごさせてもらった。
ゆっちゃんの家族に陶芸してもらうことが出来るなんて、
アッコは幸せよ。
又、大阪に帰った時はあそんでや!
IMG-1410

Dakota-相思相愛。

夏休みですので、
かわいいお客様も沢山お越し下さっています。
同じ幼稚園に通うこちらの相思相愛の
なんともかわゆいお二人・・・。
IMG-1369
もう、工房主は見ているだけで寿命が10年ほど延びます。
小さな人たちが作るものっていうのはこんなに自由な発想で生まれる。
うらやましい・・・。
IMG-1372
そして、微笑ましいツーショットは
ふざけちゃう。
IMG-1373
そんなお年頃です。
まだ写真に写ってくれるんだからありがたい。
これからも一緒に仲良く大きくなってね~!

Dakota-ご近所の子供たち。

ちょっと日が空いてしまいましたが、
ちゃんと更新していきますよ。
ご近所の子供たちがお母さんと一緒に遊びに来てくださいました。
みんな同じ幼稚園に通うお友達だそうです。
お一人のお母さんが、お声がけくださり今回の体験に至りました!!
子供たちは、いつものお友達と環境が違う中で遊べるのがとっても楽しかったようで
ずっと工房に残ってくれました。
お母さま方も、お迎え時よりは少しはゆっくりできたでしょうか・・・。
20190525_110700
子供たちは、楽しみにしてくれていたようで色々考えてきてくれていました。
大好きなキノコをのせてみたり、お馬さんをのせてみたり。
とっても賑やかなひと時になりました。
又、近所を通りかかったら、ねんどのアッコ先生に会いに来てね!!
20190525_120839

Dakota-絵付け体験。

このいい季節は、校外学習シーズンでありまして。
工房主にとってもっても楽しみな季節なのであります。
少年少女と大人の間を行き来する敏感なお年頃の方々と触れ合える機会があり
今年も沢山の学生さんが来てくださいました。
20190517_103511
どれぐらい沢山だったかというのは、この制服たちを見て頂けたら想像できると思います。
20190517_103522
絵付けを大人数に教えることは少ないのですが、数をこなしているうちに
焼き物の在り方なども説明できるようになってきました。
お家で使っている食器もこのような手順を踏んでいる
ということを少しでも伝えられたらなと思っています。

何はともあれ、絵付けは皆様の得意分野。
思い思いに色々描いていきます。
釉薬をかける機会なんてないだろうから、釉薬の説明もして
掛けてもらいます。
3秒つけてくださいね~。とはいうものの、思い思いの3秒間ではありますが。
20190517_105640
今年も沢山描いて頂き、沢山焼きました。
無事配送も終わり、ほっとしながらの思い出に浸る時間でございます。
来年も楽しみ!

Dakota-けいちゃん。

今年もこの季節がやってきました。
けいちゃんの誕生日。
工房に来てくれた最初の小さなお客様だったのが1歳のけいちゃん。
それ以来、ずっとお誕生日にけいちゃんの絵付けを担当させてもらっている。
工房主としても、人としてもとても幸せな機会を頂いています。

小さな人の成長とは早いもので、けいちゃんはおむつが取れ、おしゃべりができるようになり、
うちの子のお姉さんになり、ランドセルを背負うようになった。
今では、電車に乗って習い事へ行っているそうだ。
20190505_130752
けいちゃんの成長は絵付け皿にも出ている。
でも、今年もぱぁっと描いたら、うちの子たちと公園へ行ってしまった。
20190505_132136
お母さんたちこそゆっくり土に触っている。
これができるようになったのが、一番けいちゃんの成長を見れるところかもしれない。
20190505_142308
けいちゃん、今年も沢山食べていっぱいお勉強頑張ってね。