Dakota-ママ工房と打ち上げ。

随分とこのウイルス騒動に巻き込まれて日が経ちました。
子供は学校がなくなり、保育園や学童に預けるのも忍びない日々。
マスクを売っているわけでも、食料を供給しているわけでもない生業をしている私には、
そこまでして働いていいものか日々疑問でありました。
ウイルス騒動がなければ、きっと健やかに仕事の意義を感じていたはずなのに、
なんだか腰が引けてしまうのは陶芸を堂々とできていないようで悲しくなる。
でもね、エンターテイメント業界を引っ張る落語家の方がおっしゃっていた。
笑いでも世界を救えるんだと。
私も、今は直接的にはできないかもしれないけれど、きっと土が堂々と人の心を癒せる時間が又来ると信じている。
ってなわけで、今週1週間は工房を閉めています。
なんせ、世間でいう三密ってうちのことやんか。ってぐらいドンピシャにはまっていますから。
ママスクール。こんな機会がないと子供とこんなに工房で過ごすこともなかったなぁ。
7D0A7875-7789-4CCA-B7D6-4C42995D04D1
なんせ、ここにはいわゆる遊び道具はないんだけど、家にはない結構面白いものがあるんだよ。
息子たち。
IMG-5055
又来週以降、お会いできるのを夢見て。
これまた、まだ世間が平和だったころ818ちゃんとワークショップ打ち上げに。
こういうもののために仕事をしている。
そして、こういうものに癒されて私も健やかに生きている。
IMG-5021
みなさま、もう少しの辛抱ね。
頑張りましょう!

「Dakota-ママ工房と打ち上げ。」への2件のフィードバック

  1. 早く終息して欲しいね。
    子供たちも親たちも大変だけど、前向きで行かなければならないものね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA