Dakota-お父さんと。

とある日の朝、「小学校と年長の娘が陶芸したいって言っているんですけど・・・。」
とのお電話。
ハイハイ!そういう事なら是非子供大好き陶芸工房dakotaさんへどうぞ!!
ってなわけで、お越しくださいました。
まぁ、なんともかわいくて素直なお二人。と温かく娘さんを見守る素敵なパパさん。
陶芸中もかわゆいガールズたちはずっと笑っていました。
子供も大人も自身の身近にある”うつわ”というものには惹かれがちですが、
このお二方は独創的にささささっと手が動いちゃう!
この才能うらやましい!!
20190127_111847
最後には、作品に名前まで付けていかれました。
ピーンとひらめくそのアイデア・・・
分けてください。
とっても癒しになった休日の朝。
また遊びに来てね!
20190127_120515

Dakota-1月のサタデー陶芸ナイト。

寒いですねぇ。
大寒波。
明日からクラス続きなのに雪なんて恐いです~。
ぶるぶる。

さてさて、日が開いてしまいましたが
1月はサタデー陶芸ナイト。
まだまだウォーミングアップといった感じでなかなか仕事のリズムがつかめていません。
やらなきゃいけないことはあるのですがね。
20190119_193450
今回は小さな会でした。
陶芸がお好きでいつか始めようとずっと思っていた方が初参加です。
貴重な陶芸男子さん。ウエルカムです!
初めてといいながら、センスも手先の器用さも持ち合わせていらっしゃいました。
いつも来てくださる方も先輩として頼られていましたねぇ。
20190119_194200
いつものように娘も隣で作業。
20190119_193945
なんだかやっぱり浅草のこの小さな工房で繰り広げられる夜はとってもあったかいのでした。

Dakota-鍋と居残り陶芸。

いよいよ工房主は30代最後の年になりました。
今年はサンキュー、感謝の年にしたいのです。
年々、私は生きているんじゃないな、生かされているんだなと思います。
そういうわけで、仲良しのお友達を誘って陶芸したり鍋したり。
もちろん、本日はお酒も飲みながらでオッケーです。
こういうのは、学生時代とか弟子時代の夜の作業を思い出します。
20190126_203939
工房主は、陶芸はせず鍋を作っていたのですが、
鍋が出来ても陶芸に夢中な方がおひとり。
20190126_212350
大丈夫、大丈夫。
この後この方とは朝の2時半ごろまで話し倒しましたから!
さぁ、感謝の年始まります。
皆様のおかげで、私、生きてます。