Dakota-それぞれの。

かわいらしいお二人組で来てくださったのには、色々な理由がございまして。
大学で茶道部に入っているので、お茶碗が作ってみたいというのと、
お友達のお家で手作り陶器を見て是非ともやってみたくなったというのと、
浅草演芸ホールで落語を見た帰りに寄るのが一番いい感じだったからということで・・・。
私も、午後からしか対応できなかったので、お二方は最後のお噺も聞いてから来られたということで
全てがめちゃめちゃ上手い形ではまったそんな日でした。
20180330_174137
何回も公言しているように、お茶は本当にやってみたいものの一つ。
所作が美しい、空間全てが美しい、究極の美だと本当に思うのです。
大学で勉強しながら、茶道部に所属し・・・となんとうらやましい環境。
お茶碗のあれこれを話しながら、作陶は進みました。
20180330_180441
器は、その中に入るものの着物。
どんな着物ができるのでしょうか。
20180330_180457
焼き上がりまでもう少し。
楽しみに待っていて下さいね!
20180330_183025

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA