Dakota-4月のサタデー陶芸ナイト。

久々に開催しました!
ずっとずっと展示に向けて必死だったので、
こちらが随分さぼり気味。
やっぱり、私は全てを器用にこなすなんてことはできないようです・・・。涙。

しばらく開催していなかったので、参加してくださる方が減ってしまったのですが、
そんな中でもお越しくださったお二人。
偶然、トイレのサイン展を見て、興味を持ってくださったようです。
ありがとうございます!
20180414_185841
このお二方、とってもモノづくりがお好きで、
お出かけするときはジュエリーを作りに行ったりされているそう。
そんなわけで、陶芸もとっても熱心に作ってくださいました。
器用な上、デザインセンスまで。
20180414_202117
モノづくりの夜は黙々と熱中しながらふけっていきました。
私も仲間に入れてもらってうれしかったです!
又、一緒に作りましょう!!
IMG_0872

Dakota-親子デート。

元気よく訪ねてくださったのは、小学校3年生の息子さんとそのお母さん。
「上のお姉ちゃんを育てていたらあっという間だったので、
今のうちに一緒に出掛けたい。」
と他人事ではない内容!
もっぱら、我が家は只今絶賛イヤイヤキングの坊なので、
むしろお姉ちゃんと出かけて坊から解放されたい身なのですが・・・。
20180405_155638
息子は小さな恋人とは上手く言ったもので、
本当に制作中もお二人とも仲睦じい。
お揃いのお皿を作りました。
20180405_163903
お互いにとって楽しい思い出になったら、とっても嬉しいです。
帰路につかれるお姿を見送っていたら、自分も息子に優しい母であろうと
思うのでした。
(めっちゃその日、怒りましたけど・・・。)

Dakota-土曜日の過ごし方。

とある日の土曜日。
リッキー氏は、朝からサバイバルゲームというものに出かけていき、
私は、子供に100回ぐらい「早くして!」を言って
工房に来た。
子供は、シャボン玉をしたり、粘土をしたりしていた。
生徒のかおりんは、甥っ子さんを連れて、先月作ったお皿を絵付けしに来た。
20180407_103203
いつも来てくださるお二人組は、今日もニコニコ笑顔でかわいいものを作っていっってくださった。
20180407_105723
それぞれの土曜日。
それぞれが、工房に集い、楽しむ欲求を満たしていった。
それが、私にとって最高の贈り物。
明日からも頑張る。

Dakota-とある日の春休み。

あぁぁ。新学期が始まって早10日。
その前の春休みのことを未だに書いている私は、
夏前まで花粉症にかかっていることでしょう。

とある日の春休み、都内の学童クラスの皆様が遊びに来てくれました。
幼稚園組みの3歳さんから小学校3年生まで。
みんなそれぞれ頑張って作りました。
20180402_105447
ワンデイトリップだったので時間厳守。
工房主も、時間内に終われるように精一杯心を込めて教えました。
こんなに子供に囲まれるって、なんてシアワセなひと時だ。20180402_120409
終わった後は、こんな感じで・・・。
むしろ静かで寂しいぐらいでした。

作品はそれぞれの個性がきらり。
ハートから
20180403_163941
車まで。
20180403_163930
こんな機会、又あれば本当に嬉しい。
20180403_163915
さて、みんなはもう学校に行く生活に慣れ始めたかな?
もりもり食べて頑張って勉強してね~!

Dakota-それぞれの。

かわいらしいお二人組で来てくださったのには、色々な理由がございまして。
大学で茶道部に入っているので、お茶碗が作ってみたいというのと、
お友達のお家で手作り陶器を見て是非ともやってみたくなったというのと、
浅草演芸ホールで落語を見た帰りに寄るのが一番いい感じだったからということで・・・。
私も、午後からしか対応できなかったので、お二方は最後のお噺も聞いてから来られたということで
全てがめちゃめちゃ上手い形ではまったそんな日でした。
20180330_174137
何回も公言しているように、お茶は本当にやってみたいものの一つ。
所作が美しい、空間全てが美しい、究極の美だと本当に思うのです。
大学で勉強しながら、茶道部に所属し・・・となんとうらやましい環境。
お茶碗のあれこれを話しながら、作陶は進みました。
20180330_180441
器は、その中に入るものの着物。
どんな着物ができるのでしょうか。
20180330_180457
焼き上がりまでもう少し。
楽しみに待っていて下さいね!
20180330_183025

Dakota-新しい技術。

陶芸に関わって17年。
ここ最近、やっと手び練りができるようになってきたと思う。
もっと学びたい。もっと作りたい。もっと上手くなりたい。
そんな風に思っている時、ポーセラーツのミオ先生に出会いました。
同じ素材を使っているのに、技法は又く違うので、
「なんじゃそれーー!!」となる話が多く。
これは、先生のクラスを受講せねば!!と行ってきました。

まずは、大量の転写紙の中からデザインを選ぶ。
立体のものばかりやっている自分にとっては、この部分がかなり弱い。
迷いに迷って、デザイン決定。
20180327_105735
切り抜いた後は、水につけてふやかす。
20180327_110807
そして、胎に丁寧に張っていく。
水を押し出す作業だとか。
20180327_110053

「これであってますか?」って何回も聞いたら、
優しい笑顔で、「大丈夫です。あってますよ~。」と。
ん??どこかで聞いたような言葉。
これって、私が毎日陶芸を教えるときに言ってる言葉だな。
知らないことに挑戦するときは、こんな気持ちなんだなと改めて思う。
こういう事は忘れずにいよう。教えるときに生かせればいいな。
2時間ほどかけて、マグカップが完成。
20180327_122650 (1)
わがままを言って、自分の作品にも貼らせて頂きました。
この技術、ちゃんと身に着けて自分の作陶に生かしたいと思いました。
29513155_560753124305588_2239378444397033369_n
終わった後は、先生が素敵なティータイムを用意してくださり…。
なんとも潤うレッスンタイムでした。
20180327_113633
ミオ先生、又よろしくお願いいたします!

Dakota-会社レクリエーション。

今回は、同じ台東区にあるご近所の会社の皆様が
アクティビティにお越しくださいました。
皆様の中が深まるように色々なお気遣いをされて、ご予約くださいました。
工房主は、その方のアイコン写真の美しさにほれぼれ。
容姿端麗で気遣いもできるって最高じゃないか!!
20180327_183732
皆様、お仕事の後のお疲れのところ自転車を飛ばしてお越しくださいました。
作陶時間は、和気あいあいと進んでいきましたが、
さすがモノづくりにかかわるお仕事をされている方々。
デザイン性の高い作品を作られているにも関わらず、2個目に突入。
すごい集中力です。
20180327_193500
真剣なまなざしと楽しい会話、とっても心地よいお時間でした。
これからも、ご近所としてdakota工房と工房主と仲良くしてやってください!
20180327_201508

Dakota-my work.

3月は、前半は確定申告に追われましたが、
後半はとても人間らしい生活をしていました。
展示と事務作業に追われていたもんで、
家族への貢献と健康診断や展示の見学など普段は優先順位が
後回しのものに時間を使いました。
おかげで、4月、新しい気持ちで迎えられました。

最近作っている目玉焼きオブジェ。
今は、”たまご”というネーミングでシリーズ化しています。
久々に土と向き合った今日は、
”陶芸家のたまご。”
ちゃんと孵化できるように、邁進します!
IMG_20180402_133348_263