Dakota-年納め。

今年も一年無事に終わりそうです。
工房の方も、色々終わらせたいことはあったものの、
少しだけ来年に持ち越しそうです。
とは言え、来週はもう来年なんだ!
できることだけでも終わらせたいねと
ずっと気になっていたもう一つの看板を設置しました。
少し、かけて修理はしていますが
もう一つの工房の顔になれば嬉しいです。
20161226_152414
うちの工房の前で、必ず下校中の小学生が遊んでいくので
下に敷いた石がいつまで持つか・・・。
今年最後の昼食は外食にしました。
浅草麦とろの彩り弁当。
昔、丹波にいた時、ヤマノイモでエネルギーをつけていたのを思い出しながら。
もっぱら、高級品で手は出せなかったのですが・・・。
20161226_140418
今年は、復帰、ブランクからの脱出、これからの道を悩み、
育児との両立に奮闘し、腰痛に泣き、色々な人と出会い、
笑い、色々な人に助けられ、少しだけ自分の作品を世に送り出すことができ、
これからの土台作りが少しだけできた年でした。
20161226_152734
来年はまたどんな年になるかワクワクドキドキです。
今年一年お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様、どうぞよい年の瀬をお過ごしください。

Dakota-仕事納め。

2016年、最後のお客様は小さなかわいいお客様でした。
半年の記念にお父様とお母様と一緒に来てくれました。

記念の足型をお皿に取ります。
20161226_110227-1
きみちゃん、これからもどんどん大きくなってね。
やさしいご両親に温かく見守られながら、笑顔いっぱいでした。
20161226_110253
さ、今年の体験はこれで終わりました。
来年は1月5日から始めます。
今年も100人以上を超える方々がお越しくださいました。
心より感謝いたします。
来年もdakota工房をよろしくお願いいたします。

Dakota-クリスマスイブ。

みんなにとって特別な日。クリスマスイブ。
工房主は、クリスマスミッションに忙しく、手が回らない状態でしたが
野口センセのヘルプでお二人をお迎えすることができました。
仙台の大学時代からの仲良しで、遠いところわざわざお越しくださいました。

最初は初めてでこういったことが苦手でできるかな?といって
心配そうでしたが、だんだん慣れてきて調子が出てきました。
お二人とも、作りたいものがちゃんと決まっていて
お茶碗とマグカップ作られました。
おっ!!お揃いじゃないのも珍しい。
それぞれの個性があって、素敵なお二人です。
最初はお茶碗の方が進みが速かったのですが、
マグカップも追いついて来て、
その後、逆転するように、お一人が小鉢、もうお一人がマグカップと・・・
結局、お二人とも2作品作ることができました。
20161229092726
そして出来上がり作品は・・・やっぱり長年のお付き合い・・・。
同じタイプの器のセットとなりました。
20161229092744
そんな中でもそれぞれオリジナリティがあってとっても良い作品になりました。
出来上がりをお楽しみにもう少しだけお待ちくださいね。
20161229092801

Dakota-納品。

ずっと前には出来上がっていたけれど
なかなか手渡す機会に恵まれず、年末の忙しい時にやっと納品できました。
大岡山にある装身具LCFさん。
とっても素敵なジュエリーのお店です。

お店の方々と話し合いを重ね、お店のオープンサインを
作らせて頂きました。
20160905_115328

20160906_164621
畑は違えどものづくりに対する思いは同じ。
お店に寄ると、心地よい空間と素敵なお人柄でついつい長居をしてしまいます。
店主の生きも方も容姿もそれはそれはとってもかっこいいのです。
20161223_152139
仕事上、あまりアクセサリーは身につけないほうですが
こちらの指輪だけはお守りのように使っています。
そんなこんなで、大好きなお店の大好きな方々のところへ
嫁げるものを作れてよかった。
年内納品はこれが最後です。
20161223_144933

Dakota-12月のサタデー陶芸ナイト。

今年最後のサタデー陶芸ナイト。
毎月毎月、色々な方々にお越しいただき、
その月その月のカラーがあり、様々な作品が生まれる夜。
いつも温かくて、まるで親戚の集まりのようで
今年も沢山の出会いがあり、どれもこれも楽しい夜ばかりでした。

この忙しい師走に駆けつけてくださった皆様。
今宵も、和気あいあいとゆったり時間は流れていきます。
20161217_190531
サタデー幼稚部も粘り強く頑張れるようになりました。
20161217_190536
陶芸後のリラックス時間にサンタの乱入があり、
20161217_202637
いい子だけプレゼントがもらえます。
今回の参加者の皆様はいい子ばかりだったようです。

その後は、羽子板市を見物しに行く。
浅草にクリスマスなどない。
気分はもうお正月。
20161217_211650
初めて見た羽子板市。
ピンと張り詰めた冷たい空気の中で
ゆらゆら揺れる走馬灯のように温かな光に浮かぶ妖艶な羽子板たち。
浅草ってええなぁ。
この街に出会えてよかったと楽しかった夜の余韻に浸りながら、帰路につくのでした。
20161217_212310

今年も一年サタデー陶芸ナイトにご参加くださり
本当にありがとうございました。
来年も更にパワーアップしていきますので
どうぞよろしくお願いいたします。

Dakota-もう一人の助っ人。

頼み事が下手とか言っておきながら、
もう一人助っ人に来てもらっています。
私の高校時代からの友人で、文通したり、プリクラを交換したり、
泣いたり、笑ったり、人生の半分以上苦楽を共にしてきましたが、
ずっと”デキルやつ”だと昔から目をつけていたのだ。
20161222_171130
ようこさんです。
存在感大なもんで、ブログにもちょくちょく登場するかもしれません。
色々な雑務をてきぱきとこなしてくれます。
今日は、釉掛け、窯詰め、掃除、ほら、そしてブログを書く時間まである。
どれもこれも力強い助っ人たちに支えられてできることです。
感謝。
お迎えリミットまであと4分。
本日のTO DO リスト制覇できました!
ありがと、ようこ!

Dakota-やり残したこと片づける日。其の壱。

基本、dakotaの工房主はだいぶめんどくさがり屋なので、色々中途半端なことが多い。
では、どうやって仕事ができているかというと、それは自分の仕事が大好きで大好きで仕方がないからで。
仕事と言っても、作るという仕事が大好きなわけで、
帳簿をつけるとか、宣伝するとか、釉薬の在庫管理とかいう事からは
最後の最後まで逃げるという癖があります。
会社って色々なエキスパートがいて、それぞれが最後まで自身の仕事や持ち場を責任もってやりこなすので、
うちみたいに、3月の確定申告前にぜえぜえいう事はないし、
げ・・・げげげ・・・使いたい釉薬が切れてるやんかぁ!ってなこともないんでしょう。
ステラさんが来てくれて改善しつつありますが、それでもやっぱり最後までの詰めが甘い自身の欠点は治らないわけでして。

今日は、差し迫る2016年の終わりに、来年にタスクをなるべく残さないように
ちょっと自分で自分のお尻を叩きました。
と言っても、餅は餅屋で。
かなり他力本願ですが、以前から作っていた看板を設置することに。
工房前の看板屋さんが、ご体調の面からお仕事をお辞めになってしまったので
さて、どうやって設置しようかと悩んでおりました。
台東区にはいろいろな職人さんがいるわけで、
モノマチというイベントでご縁があったサンクデザインさんに設置を頼みました。

働く男達。かっこよい。
20161221_153757
看板つきました!
これで、通りから曲がってこられた方にも
道しるべになるかな。
20161221_160408

20161221_160415
タスクはまだまだ続きます!

Dakota-生徒さん作品。

温かな日差しの日が続いております。
年末に向けて気持ちだけは忙しい工房主でございます。
いつもの月末と変わらないようにしていたいものの、
なんだか一年の締めくくりという機会、できればやろうと思っていた仕事は片づけておきたいものです。

生徒さんのクラス納めも迫ってきております。
今年はどんな力作が生まれたんでしょうか~。

いつも遊び心ある絵付け、釉薬を見せてくれる生徒さん。
今回は、チタン結晶と織部の素晴らしい掛け算。
瑠璃色になった~!
こういう発見があるから陶芸っておもろい。
20161210_151306
こちらは、最近民藝っぽいお皿ばかりを生み出している生徒さん。
飛びカンナという技法に見えていますが、筆で描いています。
20161210_151221
小さな豆皿バージョンもあります。
色々な色化粧で。
20161210_151207
生徒さんのレベルもどんどん上がって、
工房主もステップアップしたいと切望する今日この頃です。
今年、あと1週間かけぬけて、来年はダッシュするどー。

Dakota-お手紙。

こういう瞬間が、やっててよかったと思える。
ひとつの対価。
先日のかわいい中学生のみなさんが、お手紙を書いてくれました。
もちろん、学校から書かされているんでしょうが、
言葉の一つ一つ、丁寧に読ませていただきました。
ありがとうございます。
みなさんの人生の中で、陶芸の思い出が出来たら嬉しいです。
そして大人になって、また自ら陶芸をしてみようってことになったら
工房主冥利に尽きます。
みんなの成長の過程に少しでも関われることに
喜びを見出す100%おかんな工房主でした。

また来てね~!
20161216_145834

Dakota-あたたまる。

クリスマスソングを聞きながらdakota工房より更新しています~。
英語な為、♪ウイッシュ クリスマス~♪しか分からないけども、
なんかこの季節は心温まる季節です。

そんな中、見ていても心がほっこりしちゃうお二人組さん。
「僕が陶芸したいなと思って誘ったら乗ってくれたんですよ。」
興味のある分野に一緒に付き合える間柄ってなんか良い~。
昔誰かが言ってた、二人でいると楽しさは2倍、悲しみは1/2になると。
20161128_135636
さてさて、そんなお二方はお二つとも大きめの器を作られました。
なんといっても指が長い!
20161128_135643
大きい器もお手の物です。
ガパオライスが合うような器ということで、少し楕円にしてみました。

最後は、スタンプで装飾をされたのですが、
「見ないでね。」といいつつ
出来上がりは、お二方ともペアのイニシャルが・・・。
なんとも愛らしいおふたり・・・。
工房主の心温まる時間でした。
ガパオライス、うまくできるといいですね~!
20161128_142323