Dakota-今度は私も電動ろくろ。

今週2回目の電動ろくろの体験。
今回はわたくし、工房主が担当させていただきました~。
朝からとってもわくわくお越しいただいた仲良しお二人組さん。

最初の作品は大概ぶれちゃうんですが、そのぶれ方も同じ。
一緒にいると似てくると言いますが、まさにその通り~。
ファイル 681-1.jpg
とっても真剣に取り組んでいらっしゃったので、疲れたのでは?
「この後、浅草の梅園で甘未を食べるから大丈夫でーす!」と
明るく答えてくださいました。

カフェオレボウルとお茶碗。
そして、練習段階でも小さい器が作れました!
これからの新米の季節、温かいものを飲みながら・・・
と色々活躍できそうですね!!
ファイル 681-2.jpg
また遊びに来てくださいね~っ!

Source: 過去の記事

Dakota-今度は私も電動ろくろ。

今週2回目の電動ろくろの体験。
今回はわたくし、工房主が担当させていただきました~。
朝からとってもわくわくお越しいただいた仲良しお二人組さん。

最初の作品は大概ぶれちゃうんですが、そのぶれ方も同じ。
一緒にいると似てくると言いますが、まさにその通り~。
ファイル 681-1.jpg
とっても真剣に取り組んでいらっしゃったので、疲れたのでは?
「この後、浅草の梅園で甘未を食べるから大丈夫でーす!」と
明るく答えてくださいました。

カフェオレボウルとお茶碗。
そして、練習段階でも小さい器が作れました!
これからの新米の季節、温かいものを飲みながら・・・
と色々活躍できそうですね!!
ファイル 681-2.jpg
また遊びに来てくださいね~っ!

Source: 過去の記事

Dakota-バースデー記念電動ろくろ。

3年前、ご友人の方々といらしてくださった方が、
今回は大切な人といらしてくださいました。
何年経っても、ふとした拍子に
dakota工房を思い出していただけたら工房冥利に尽きます!

今回は、お誕生日という大切な機会に来てくださいました。
幸せのお手伝いができるなんて光栄です。
前回同様、電動ろくろの体験でした。
3年前と違いはいかがでしたでしょうか~。

お二人とも、とても感覚がよくて、とても上手に大作ができました。
電動ろくろ、楽しい~!!とおっしゃっていたとか。
ファイル 680-1.jpg
作品をろくろから外す作業をしっぴきと言って、
それはそれは緊張する一瞬なのですが、それもほぼステラ先生のヘルプなしでできたと報告を受けました。
素晴らしい~!

あいにく、この日工房主は対応できませんでしたが、
次の再会を楽しみにしております!
お誕生日、おめでとうございます!
ファイル 680-2.jpg

Source: 過去の記事

Dakota-バースデー記念電動ろくろ。

3年前、ご友人の方々といらしてくださった方が、
今回は大切な人といらしてくださいました。
何年経っても、ふとした拍子に
dakota工房を思い出していただけたら工房冥利に尽きます!

今回は、お誕生日という大切な機会に来てくださいました。
幸せのお手伝いができるなんて光栄です。
前回同様、電動ろくろの体験でした。
3年前と違いはいかがでしたでしょうか~。

お二人とも、とても感覚がよくて、とても上手に大作ができました。
電動ろくろ、楽しい~!!とおっしゃっていたとか。
ファイル 680-1.jpg
作品をろくろから外す作業をしっぴきと言って、
それはそれは緊張する一瞬なのですが、それもほぼステラ先生のヘルプなしでできたと報告を受けました。
素晴らしい~!

あいにく、この日工房主は対応できませんでしたが、
次の再会を楽しみにしております!
お誕生日、おめでとうございます!
ファイル 680-2.jpg

Source: 過去の記事

Dakota-色々バリア無く!

他の区から遠足に皆様でいらしてくださいました。
秋の行楽日和ですもんね。
丁度、うちの娘っ子もこの日は遠足でした。

年に一度、こうやって遠足に出かけられているそうです!
ファイル 679-1.jpg
陶芸は、小さい子供からお年を召した方まで
みんなが楽しめるものだと思って工房をやっているdakota工房、工房主。
今回は、車いすの方もいらっしゃいましたが、
一昨年からベビーカーも車いすも入れる段差なし工房!
ハード面だけでなく、心のバリアフリーも目指して日々取り組んでおります!
今回の体験は私一人だけでは叶うことがなく、
ステラ先生の当日のヘルプ、お近くの介護施設さんがバリアフリー用のお手洗いをお貸しくださった事で体験を受けることができました。
ご快諾いただいた皆様に心から感謝です。
ファイル 679-2.jpg
dakota工房、バリアフリーです。
何でもご相談ください。
皆様の工房でいられるよう、これからも精進します!

Source: 過去の記事

Dakota-色々バリア無く!

他の区から遠足に皆様でいらしてくださいました。
秋の行楽日和ですもんね。
丁度、うちの娘っ子もこの日は遠足でした。

年に一度、こうやって遠足に出かけられているそうです!
ファイル 679-1.jpg
陶芸は、小さい子供からお年を召した方まで
みんなが楽しめるものだと思って工房をやっているdakota工房、工房主。
今回は、車いすの方もいらっしゃいましたが、
一昨年からベビーカーも車いすも入れる段差なし工房!
ハード面だけでなく、心のバリアフリーも目指して日々取り組んでおります!
今回の体験は私一人だけでは叶うことがなく、
ステラ先生の当日のヘルプ、お近くの介護施設さんがバリアフリー用のお手洗いをお貸しくださった事で体験を受けることができました。
ご快諾いただいた皆様に心から感謝です。
ファイル 679-2.jpg
dakota工房、バリアフリーです。
何でもご相談ください。
皆様の工房でいられるよう、これからも精進します!

Source: 過去の記事

Dakota-感じるということ。

ルーティンを生きていると、感情が一定になりがちなので
時々、感動したり、よくも悪しくも泣いたり、嬉しい、悲しい、美しいと感じることが必要だなぁと思ったりする。
ブログを書いている今も、ステラ先生が横で
「感動することが必要だとは思っているんですけどね。」とつぶやいている。
感情が仕事に直結することに携わっている人間は、定期的に涙を流すべきなのかもしれない。

年を重ねると、うまい具合に鈍感になっていくので
衝撃を受けるってのはいわゆるショック療法みたいなもの。
そんな最近の工房主のショック療法は歌舞伎だった。
観に行ったのは石川五右衛門。
めっちゃめちゃ面白かったです。
特に、五右衛門が去っていくシーンは目がハートになりながら追いかけましたよ。
舞台美術、音楽、衣装、そして昔から続く歌舞伎のルール。
江戸時代のエンターテイメントってのもこっくんこっくんと深くうなずいてしまう。
又、一部と二部の間で広げるお弁当も、なんか粋。
ちょっと敷居が高く見える歌舞伎鑑賞だけど、元々は庶民の楽しみだったはず。
なんだか、江戸文化って粋で素敵。

もう一つのショック療法は大学時代の先輩の個展。
絵画一筋で来た先輩。
大学を卒業して何年たってもブレないかっこよさ。
年に1回銀座のギャラリーで発表し続けている芯の強さも、
毎年パワーアップしていくクリエイティブさも
在学中からその背中を追いかけてんのに、まだまだ追いつけない。
もう終わっちゃいましたが。
ファイル 678-1.jpg
ステラ先生のショック療法はというと、
大人の為の人形劇だったそう。
人形を通して見る世界観、声色、大人になった今だからこそ感じる
演劇の質の高さ。
すごく感動したって話していました。
ファイル 678-2.jpg
さ、さ、これからもアンテナをぴんと張って
感じていきたいです。
美しいとか、素晴らしいとか、もちろん悲しいとか、うらやましいとか
すべてひっくるめて生きてるって証拠。
これからも人間臭く、泥臭く。

Source: 過去の記事

Dakota-感じるということ。

ルーティンを生きていると、感情が一定になりがちなので
時々、感動したり、よくも悪しくも泣いたり、嬉しい、悲しい、美しいと感じることが必要だなぁと思ったりする。
ブログを書いている今も、ステラ先生が横で
「感動することが必要だとは思っているんですけどね。」とつぶやいている。
感情が仕事に直結することに携わっている人間は、定期的に涙を流すべきなのかもしれない。

年を重ねると、うまい具合に鈍感になっていくので
衝撃を受けるってのはいわゆるショック療法みたいなもの。
そんな最近の工房主のショック療法は歌舞伎だった。
観に行ったのは石川五右衛門。
めっちゃめちゃ面白かったです。
特に、五右衛門が去っていくシーンは目がハートになりながら追いかけましたよ。
舞台美術、音楽、衣装、そして昔から続く歌舞伎のルール。
江戸時代のエンターテイメントってのもこっくんこっくんと深くうなずいてしまう。
又、一部と二部の間で広げるお弁当も、なんか粋。
ちょっと敷居が高く見える歌舞伎鑑賞だけど、元々は庶民の楽しみだったはず。
なんだか、江戸文化って粋で素敵。

もう一つのショック療法は大学時代の先輩の個展。
絵画一筋で来た先輩。
大学を卒業して何年たってもブレないかっこよさ。
年に1回銀座のギャラリーで発表し続けている芯の強さも、
毎年パワーアップしていくクリエイティブさも
在学中からその背中を追いかけてんのに、まだまだ追いつけない。
もう終わっちゃいましたが。
ファイル 678-1.jpg
ステラ先生のショック療法はというと、
大人の為の人形劇だったそう。
人形を通して見る世界観、声色、大人になった今だからこそ感じる
演劇の質の高さ。
すごく感動したって話していました。
ファイル 678-2.jpg
さ、さ、これからもアンテナをぴんと張って
感じていきたいです。
美しいとか、素晴らしいとか、もちろん悲しいとか、うらやましいとか
すべてひっくるめて生きてるって証拠。
これからも人間臭く、泥臭く。

Source: 過去の記事

Dakota-10月のサタデー陶芸ナイト。

珍しく今回は3歳児が発熱で、今週はまだ1日たりとも働けていません。
もう週半ばだというのに・・・。
焦るわ・・・。

さて、先週末はサタデー陶芸ナイトでした。
いつも来てくださる方々や、気の知れた方々が集まり、
お互い初対面とはいえとても和やかな夜になりました。
ファイル 677-1.jpg
土を触ると自然と笑顔がこぼれる。
ファイル 677-2.jpg
お家カフェを楽しんでいるらしく新しいカフェプレートに。
ホタテ系のお皿だそう。
新ジャンルですね。
ファイル 677-3.jpg
お家のシェアメイトの分のお皿を作ります~。
名前も入れて更にパーソナルですね。
ファイル 677-4.jpg
沢山、集中していい夜でした。
それと同時に、色々なおしゃべりが飛び交い、
笑いが絶えないサタデー陶芸ナイトになりました。

来月もやりますよ~!
来月は11月19日です。

Source: 過去の記事

Dakota-工房つれづれ。

最近、工房のバックヤードをきれいにした。
一人では到底無理なので、片付け上手のステラ先生を助っ人にお願いした。
3袋の可燃ごみと、2袋の不燃を出した。
ステラ先生、デキル人だ!素晴らしい。

作業場が使いやすいと作品も作りやすくなる。
作品が作りやすい環境だと、いい作品が生まれる可能性も上がる。(はず。)
そんなことを考えながら、保育園までの道を急ぐ。
隅田川を越えるときに見る風景が好きだ。
めちゃめちゃきれいな夕焼けでした。
この色を焼き付けたいと思いながら・・・。
実際の方がもちろん美しいけれど、そんなことを思っていたら
明かりを灯した船が足元をぶーっと通り過ぎていった。
やっぱりこの街が好きだ。
ファイル 676-1.jpg

Source: 過去の記事