Dakota-ペア湯のみ。

巷では、又もやペアルックの再来。
昔はミッキーのTシャツをペアルック、Gジャンをペアルック・・・。
つい最近までは、恥ずかしくて出来へんよな~。ケタケタ。と笑っていた人達も
子供が出来ると兄弟でおそろいを着せたがる。自分も子供と着たがる。
例にもれず私もその一人かもしれないが、
まだリッキー(旦那)とペアルックを着たいと言う
レベルまでには達していない・・・。
そして達する日が来るのか・・・。

さて、そんな流行のペアルック、陶芸界ではずっと前からそんなのは常識でしたよ。
流行などにとらわれず、不動に貫いてきたペアルック信念。
”おやこーで”なんて新語など作らず、ずっと”夫婦茶碗”街道を突っ走ってきた。
ペアはパートナーのこと。
友達や子供とおそろいはなんだか俗っぽすぎるのだよと言わんばかりの渋さ。
今日もそんな信念は貫かれています。
(以上工房主の勝手な解釈。)
そんなのをもろともしない爽やかなお二人組みは、お二人で仲良く夫婦湯飲みを作られました~。
一緒にお茶を飲むんだから、一緒の感じがいいよね。
うんうん。これペアルックの本質。
ファイル 611-1.jpg
初めてだとおっしゃっていましたが、とっても器用に作られていましたよ。
素敵なお二人に、私もペアと使うものでも作ってみようか。なんて感化される昼下がりでした。
ありがとうございました!
ファイル 611-2.jpg

Source: 過去の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA