Dakota-生徒さん作品.

寒くなりましたね~。
こんな日は、家でごろごろするか、窯が炊けた暖かい部屋で粘土をするかノどちらかに限ります。
少なくとも自転車で言えと工房の往復・・・なんてごめんです。

さて、最近の生徒さんの作品です。
ある程度の技術が身に付き、自身の世界観の表現ができるようになりました。

季節柄クリスマスツリーに見えますが、アクセサリー掛けです。
指輪を掛けたり、ブレスレットを掛けたり・・・。
おもしろいですね。
ファイル 424-1.jpg
こちらは顔プレート。私が欠席した際に、ささっと作り上げてあって
後日見た時は感動でした。
無表情なだけにおいしそうなおかしやおかずで表情を引き立てたいですね。
ファイル 424-2.jpg
このマグカップも個性的です。
自然なラインで描かれた絵の大胆さと、マグカップの大きさがうまくマッチしていると思います。
ファイル 424-3.jpg
ねずみくん。
陶芸イコール器にいきやすいのに
こういうオブジェの発想が出てきたところが、陶芸の面白さが伝わってきます。
いろいろシリーズでみたいですね。
ファイル 424-4.jpg
夏にお孫ちゃんが作った魚の蓋に、ボディを作りました。
ボディはふぐのようなぷくっと膨れた感じで。
えらなんかもいい味出しています。
ファイル 424-5.jpg
今日は今年最後の窯を焚きます。
又この窯にもいろいろ面白いのが入っていますので、アップしますね。

Source: 過去の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA