Dakota-中学一年生。

かれこれ1ヶ月前になりますが、まだこの国が秋の始まりの季節だった頃のお話です。
この国の学校制度には遠足、もしくは校外学習と言うものがございまして。
とある千葉県の中学校が浅草遠足と同時に下町ものづくり体験をするということでした。
浅草には、ちょうちんや扇子、鞄など色々なものづくりの職人さんがいらっしゃいますが、今回そのひとつにうちの工房も使ってくださいました。

中学生の皆さまは、私達のような大人と話したくない時期なんじゃないかと
時間になる前から荒川先生といたく気にしておりましたが、
みんなとーっても素直で純粋な子供たちでした。
ちょっと斜に構えているお年頃かと思うのはきっと大人が頭の中で決め付けてしまっているんでしょうね。

さて、まだまだ大きいブレザーや学ランを脱いで、いざ陶芸体験スタートです。
みんなすごい真剣なまなざしでした。
ファイル 415-1.jpg
なかなか土に触れる機会などないでしょうから、
土ってこんな素材なんだと実感できる課題があればいいなと思っていました。
嬉しいことに、校外学習ということで少し深めた体験にしたいという
学校様のご意見と合致したので、事前に話し合いを重ねてご一緒に課題づくりに取り組ませていただきました。
そして、土が柔軟な素材ということをテーマにテクスチャーを入れた作品作りをすることにしました。
学生の皆様には、模様を入れるのに身近なものをひとつ持ってきて頂くということにしました。
中には牙をつける作品があったり、
ファイル 415-2.jpg
のりの蓋で模様を入れたり、
ファイル 415-3.jpg
そうそうこんなのでテクスチャーを入れるのもありました。
ファイル 415-4.jpg
出来上がりはどれも個性的でした~。
ファイル 415-5.jpg
後日、11枚の嬉しい葉書が工房のポストに届きました。
素直な感想と少し大人な表現を使ったそれはそれは心が温かくなるお礼のお手紙でした。
こういう瞬間、改めて土が人の心に入り込むすごさを知ります。
そして、それに関われるシアワセをじーーんと感じるのでした。

Source: 過去の記事

Dakota-美人姉妹。

えっ~!!姉妹??
そうでした。とっても素敵なご姉妹でした。
仲がとってもよくお友達のようなご関係でした。
いいですね~。
ファイル 414-1.jpg
作品はお姉さまの方は(多分どちらがお姉さまか分からないと思いますが・・・。)
家族で一緒につつけるお皿を
ファイル 414-2.jpg
妹さんは先日逝ってしまった愛犬ちゃんのための一輪挿しと湯飲みを作りました。
一輪挿しにはお二人からのメッセージも入り、天国にいるここちゃんもとっても喜んでいると思います。
ファイル 414-3.jpg
素敵な笑顔、又見せにいらしてくださいね~!!
ファイル 414-4.jpg

Source: 過去の記事

Dakota-それぞれ作りたいもの。

ファイル 413-1.jpg
ん・・・。
この写真どっかで見たことある・・・。
そうです。先日足を運んでくださったお二方。
すごく楽しい体験だったのに顔が写せなかった・・・。
そして又同じエラーを繰り返す工房主です。

今回は、前回と同様酒器を作りたいとの声もあれば、
表札を作りたいとの声も。

それぞれ技法は違えど同じ土から作り出します。
表札は前日から案を練って下絵まで持ってきてくださいました。
ファイル 413-2.jpg
そして完成はこんな感じになりました。
そうです。森下さん家の表札です。
ファイル 413-3.jpg
今回は楽しいお二人を撮影できました!!
又遊びにいらしてくださいね~!!
ファイル 413-4.jpg

Source: 過去の記事

Dakota-先日の体験。

ここ最近変わりに他の先生に見ていただいた体験です。
自分が対応できず、報告内容からのブログになってしまいます。
すみません。

歯科衛生士のお二方。
お誕生日と言う大切な日にお越しくださいました。
小皿や長皿など沢山のお皿を作ってくださいました。
ファイル 412-1.jpg
こちらは、先日荒川先生が見てくださったお二方です。
とってもさわやかで清々しかったと先生が大絶賛でした。

ご予約時から魚をのせるお皿が欲しいとおっしゃっていたのですが、
どうやら、お魚がはみでるお皿で出した時に(ほとんどのお皿がそうなります。)
なにやら違和感を感じたようで今回作りに来てくださったそうです。
ファイル 412-2.jpg
これからはおいしくお魚が召し上がれますね。
ファイル 412-3.jpg
次は私も皆さまにお会いしたいです!!
又いらしてくださいね~。

Source: 過去の記事

Dakota-'手芸&雑貨店'

10月30日に朝日新聞出版さんから発売された
‘手芸&雑貨店’という本に手芸でも雑貨店でもない陶芸屋のdakota工房が少し出ています。
ファイル 411-1.jpg
手作り市のページで厚かましくも家族全員で出させていただきました。
ファイル 411-2.jpg
色々と手作りがお好きな方には材料のお店の情報やアイデアが満載の本だとおもいます。
是非お手にとって見てくださいね。

Source: 過去の記事

Dakota-生徒さん作品

最近の生徒さんの作品です。
芸術の秋、更にやる気を感じます。

色の掛け分け、テクスチャー全てがうまくマッチした作品です。
このシリーズで作品を増産中です。
ファイル 410-1.jpg
撥水剤で絵を抜きました。
北海道出身の彼女が幼少期に見たきつねをイメージしているそうです。
裏には、FOX IS GODとありました。
ファイル 410-2.jpg
安定して作られているティーポットと湯冷ましです。
アツアツのお湯より少し温度が低い方がいい味が出るから・・・と
豊かな時間を大事にされる生徒さんの作品です。
新しく入ったチタン結晶釉を掛けました。
ファイル 410-3.jpg
富士山に見られたくないので・・・といいつつもそれに見えてしまう。
立派な花器です。難しいのに板作りで大きなものを完成させました。
ファイル 410-4.jpg
最近入った生徒さんの初めての作品です。
韓国風の絵付けに・・・と伝統的な技法の秋草手が上手に出ていますね。
ファイル 410-5.jpg
さぁ、今月もがんばっていきましょう~。

Source: 過去の記事