Dakota-10月のサタデー陶芸ナイト。-モノマチ後編-

自分でも無謀だと思いました。
さすがの体力だけが取り柄の私も涙目になったこの日。
まさかのモノマチ後のサタデー陶芸ナイトでした。

事前に気付いていれば、何か案もあっただろうに
何も考えずにのほほんと生活していると、こういうことになります。

モノマチ後、町は落ち着きを取り戻しても
dakota工房はまだまだやります!!
ファイル 409-1.jpg
この日も沢山の方がお越しくださいました!
中には、モノマチのワークショップにご参加くださった方も。
ありがとうございますっ!
ファイル 409-2.jpg
サタデーも回数を重ねるとこんなに長いひもが作れるようになります!!
ミルクピッチャーの取っ手を作るのに、この後ねじねじねじりました。
ファイル 409-3.jpg
陶芸の後は、私も皆さんと一緒に机を囲み座ってばかりいたので
写真の一枚すら撮るのを忘れてしまいました。
でも、この日はハロウィンっぽいおもてなしにしましたよ。
ファイル 409-4.jpg
やった後はやっぱりやってよかったと思うのがdakotaのイベント。
こういう疲れ、嫌いじゃない。
さぁ。来月は秋本番。
芸術の秋で駆け抜けますよ~!!

Source: 過去の記事

Dakota-ダイジェストバージョン。

モノマチ中にお越しくださった体験陶芸の方々をダイジェストでお送りします。
なんせ、ワークショップの傍ら・・・という申し訳ない環境だったので
写真も数少ない・・・。
こんな形ですみませんが、是非ご紹介させてください。

1日目(金曜日)
この日は朝からゆっくりなスタートだったにもかかわらず、
素敵なお二方がお越しくださった頃にはキッズであふれかえっておりました。
ご遠方から足をお運びくださりありがとうございます。

2日目(土曜日)
自転車で日本橋の方からずっと来ました~。
とさわやかな方でした。
写真がピンボケですみません。
この日は酒器とお猪口を作られました。
ファイル 408-2.jpg
3日目(日曜日)
仲良しの友人。
今回はファミリーで。
お母さんの誕生日プレゼントに
息子さんが頑張って作ります。
お嫁さんは、後ろからちょいちょいアドバイス。
ファイル 408-3.jpg
最後はユーリちゃんの手形をぽんっ。
さすがユーリちゃん。どんな状況でも楽しめる1歳児。
ファイル 408-4.jpg
こんな怒涛の3日間だったにもかかわらず、足をお運びくださりありがとうございました~。
次はゆっくりいらしてくださいね。

Source: 過去の記事

Dakota-3人からの贈り物。

いやはや・・・。恐るべし非日常とはこのことで
モノマチ後ぼーっとしてたらあっという間に日が流れていました。
又ブログをちゃんと書ける日常にセットアップしていかねば・・・。

さて、なんとも素敵なファミリーが来て下さいました。
来月挙式を控えられているそうで、ご両親へのプレゼントを作りにいらして下さいました。
小さいお子さんがいるので、なかなか動きづらいでしょうに、
雨の中笑顔でお越しくださいました。
ありがとうございます。

小さい子がいてすみません・・・。とけなげにおっしゃってくださるのですが、
こちらこそこんなにやわらかい赤ちゃんを抱っこできてハッピーでした。
(もちろん粘土の手はきれいに洗いましたよ。)

とはいえ、ずっと見知らぬ陶芸屋のおかみに抱っこされるのも嫌なようで(当たり前か。)最後はお母さんがおんぶで乗り切りました。
おんぶって最強ですよね。
自分も子供ができてからおんぶで色々できるようになりました。
おんぶで掃除機、おんぶで洗濯干し、おんぶで陶芸。
おんぶ最高です。
ファイル 407-1.jpg
長い時間、家族みんなで頑張ってくださいました。
3人の笑顔と幸せが詰まった贈り物は、忘れられない一品になると思います。
すばらしいお式になりますように。
ファイル 407-2.jpg

Source: 過去の記事

Dakota-モノマチ当日。

いやぁ。素晴らしかったです。
秋のモノマチ。おかげさまで大盛況に終わりました。
涙目になるほど働いたこの3日間。
自分がこういう地域のイベントにどのように関わっていくべきなのか
少し見えた気がします。
次の春モノマチはもっともっと面白いことやってやろうと固く決意もできました。

さて、今回私たちが開催したワークショップの内容はと言うと・・・。
(あれだけブログで書いているのになかなか伝わらない文才の乏しさよ・・・。)

まず、輪投げの得点で使える板の大きさが決まります。
みんな本気で頑張ってくれました。
(輪投げの輪がふにゃふにゃだったわりにそちらも頑張ってくれた。感謝。)
ファイル 406-1.jpg
その後は、その板に載るだけのタイルバイキング。
ファイル 406-2.jpg
ゲットしたタイルを好きなように配置して貼っていきます。
ファイル 406-3.jpg
その後は、隙間を目地埋め。
タイルバイキングまではFデザインさんで行いました。
というわけで、うちではこの目地埋めの仕事を主に担当しましたが、
もうしばらくなんの隙間も埋めたくはありません。
それぐらい埋めて埋めて埋めまくりました。
ファイル 406-4.jpg
Fデザインさんの社員さんたちと3日間頑張って埋めました。
なので、現在の寿4丁目では目地を埋められる要員が欠員しているはず。

普段は機会がないタイル割りも経験させてあげることができました。
トンカチなんてあんまり触る機会がないもんね。
ファイル 406-5.jpg
こうやって、子供たちはもちろんお父さんお母さんの嬉しそうな顔を見ていると
すごいやりがいを感じました。
こういう疲労感ってやめられないものがあります。

今回のワークショップは私一人では絶対叶わなかったことです。
Fデザインの皆さま、ご関係のタイル会社各社、足を運んでくださった皆さま、
本当にありがとうございました。
そして、3日間子守に、買出しに、目地埋めに奔走してくれたリッキー。
お疲れ様でした。

Source: 過去の記事

Dakota-モノマチに向けて3。

いよいよ明日がモノマチだというのに、
まだまだやらなきゃいけないことが山ほどあるのに、
鳴ってしまった・・・わが携帯電話。フロム保育園。

ってな訳で、モノマチの前日は熱の娘と準備を放棄し
家でおかあさんといっしょを鑑賞するという軟禁生活となりました。
家では作業もできないので、今まで頑張った努力のプロモーションをします。

明日からのモノマチではタイルを使ったモザイク作品を作るという
ワークショップなのですが、このタイルがくせものでした。
ここ一ヶ月、タイルのシートはがしに奮闘。
この泥水のようなものも元は透き通った水でした。
恐るべしタイルのシート。
ファイル 405-1.jpg
そしてはがされたタイルたち。
キレイなタイルがいっぱいありますよ。
それにしてもなんか高そうな鍋ですが・・・。エフデザインさん・・・。
ファイル 405-2.jpg
今回はエフデザインさんで、輪投げをしてタイルをゲットします。
モザイクを作る作業はうちでします。
徒歩30秒なのでこれで寿エリアの2軒は回れちゃいますよ。
輪投げももちろん手作り。
デザイナー魂に火がついちゃいます。
ファイル 405-3.jpg
そして、ジャケットに身を包んだ所長自らの大工仕事。
ファイル 405-4.jpg
エフ・デザインもdakota工房も一丸となって準備しています。
明日はdakota工房でタイルを選びながらのモザイク体験ができますよ!
(エフデザインさんは通常お仕事の日なのでお休みです。)
コースターにしたりなべ敷きにしたり色々使えると思います。
是非是非遊びにいらしてくださいね~!
ファイル 405-5.jpg

Source: 過去の記事

Dakota-モノマチに向けて2。

モノマチに向けて夏ごろから案を煮詰めるべく
話し合いを持ったりしていたというのは昨日書きましたが、
こんなこともしていました。
土とタイルをどうつなげるかと言う実験です。
残念ながら、こちらの案は日の目を見ることはなさそうです・・・。

イカス寿4丁目の守り神。
ファイル 404-1.jpg
ラブリーバージョン。
ファイル 404-2.jpg
禁欲バージョン。
ファイル 404-3.jpg
作ったのは、写真の一番左端でピースをしているさわやかな好青年と
そのお向かいのいつか娘のボディーガードになって欲しいと思うお二方でした。
ファイル 404-4.jpg

Source: 過去の記事

Dakota-秋の夜長に。

とにかくめちゃめちゃ明るいお二人でした。
めちゃめちゃ明るいお二人の雰囲気をなかなかお写真で伝えられないのが残念ですが、
めちゃめちゃ楽しい体験時間でした。

お酒が大好きなんです!!ということで、
マイ蕎麦猪口でお酒が飲みたいそうです。
とっても丁寧に作ってくださいましたよ。
そして猫ちゃんのご飯入れも。
猫ちゃんの名前も刻みました。
ファイル 401-1.jpg
これからの季節、きれいなお月様でも見ながら
空気の澄んだ夜に一杯やるのもオツですね。

Source: 過去の記事

Dakota-電動ろくろ3人娘。

電動ろくろやってみたいね~と言う話になってから2ヶ月。
探したのに、うまく日程が合わなかったりで予約が取れなかったそうです。
やっと念願でできる日が来ました!
うちのスケジュールは全然いつでも予約が取れますョぐらいの状態ですが(いいのか悪いのか・・・。)
お受けはできても、肝心のろくろが2機しかないというしょぼさ。
ローテーションになっちゃいますけどと申し訳なく言っても、
「だいじょうぶですよ~!」と快くご快諾頂きました。

最初にお二方なさるのかと思いきや、まさかのじゃんけんで勝った方が
ろくろ、あとのお二人は見守るという状況!!
ファイル 400-1.jpg
お友達のエールを背中で受けながら、そしてお友達の熱中する姿に
ろくろの予習をしながら有意義な時間でした。

お友達のエールを受ける側。
ファイル 400-2.jpg
次はお二方。
ろくろがすんだらゆっくりリラックスして眺められます。
ファイル 400-3.jpg
そうしてできた沢山の作品。
ファイル 400-4.jpg
秋冬にはおいしいご飯が食べられそうなお茶碗が届きますよ!

Source: 過去の記事

Dakota-9月のサタデー陶芸ナイト。

9月中に何とか書きたかった・・・。
1日遅れての9月のサタデー陶芸ナイト報告です~。

この日もとってもいい夜でした。
「やっていて良かったなぁ。」と思えた大切な夜でもありました。
毎月サタデーとやっていても飽きたりすることがないのは
参加者の方々のパワーや作品にいつも驚かされるからです。
ファイル 399-1.jpg
この作品。
ファイル 399-2.jpg
この表情。
楽しい事・面白い事を感じる心には充実感を覚える体の感覚がある。
そんな感覚を経験した人の顔は実に清々しく見えますね。
ファイル 399-3.jpg
私の青春を過ごしたスペイン時代にとてもお世話になった祥子さんも
一時帰国の合間を縫って来てくださいました。
異国で葛藤しながら陶芸をし続ける私をいつも励まし支えてくれた方でもあります。
常に会えていなくても、こうした変わらない関係に感謝。
ファイル 399-4.jpg
陶芸後は、みんなでホットミルクティーを飲みました。
差し入れのスペインチーズと共に。
ファイル 399-5.jpg
秋の夜には笑顔で囲むテーブルとおしゃべりが一番しっくり来る。
来月も秋は続く。
どんな作品に会えるのか、どんなわくわくに出会えるのか今から楽しみ。
10月は18日に開催です。
残席わずかです。

Source: 過去の記事