Dakota-夏のランタンワークショップ その一。

今は暑い暑いと言うばかりだけれども、
小さい頃は夏が大好きだった。
特に夏休みが始まるあのワクワク感。
夜更かしをちょっとだけ許されたあの高鳴る気持。
汗ばんで起きる朝も、セミの声を聞きながら食べる焼そばも、
扇風機の取り合いでけんかした昼下がりも、今思い出すと全てが愛おしい。
だから、そんな夏を楽しむワークショップをどうしてもしたかった。
そして、来てくれた夏休み真っ盛りの現役キッズと、おっきい子供達。

今回は、夏の夜を楽しむ灯りを灯したいと思ってランタンのワークショップ。
土を狭めていく技法は、少し難しいので今回は、説明しながらみんな同時進行。
思わず立ってしまう高学年さん。(留年20年組)
ファイル 230-1.jpg

ファイル 230-2.jpg
座ったまま落ち着いて向かう低学年組。

土台が出来たら好きなモチーフをくり抜いていきます。
ファイル 230-3.jpg
ちゃんとアイデアを考えてきてくれました!
ファイル 230-4.jpg
そして出来た十人十色のランタン。
灯りを灯す度、この夏が思い出されますように。
ファイル 230-5.jpg
来月は、これにろうそくを灯して、浅草の路地を歩く
マジカルナイトウォークが待っています!!

Cuando era pequenya, me gustaba mucho el verano.
Me permitia dormir mas tarde, sudaba como si estuviera nadando,
comia siempre fideos para almorzar(ahora pienso que era muy facil de preparar para las madres.)…
Por eso queria algun evento inolvidable en verano.
Y he organizado un evento de hacer una lampara.
con esta pieza, en el mes que viene, hacemos una caminatita por la noche!!
Si! El verano empezo!!

Source: 過去の記事

Dakota-ivory simply essential cylinder.

最近作った一輪挿し。
ファイル 229-1.jpg
自分で作っておきながら
「トイレットペーパー、作品棚に置いたの誰よ~?!」と怒ったり・・・。
(決して自分の作品がトイレットペーパーをうまく描写しているとか
言いたいわけではなく、視力矯正したわりによく見間違えるだけです。)
花という存在から遠くはなれたものに活けてみたいと言う気持から生まれました。
まぁ、多分あまり共生するシーンはないでしょうねぇ。
ファイル 229-2.jpg
生け花クラスの際には、アメリカから丁度いらしていたフィリス先生が
命名してくださいました。
”アイボリー シンプリーエッセンシャル シリンダー”
土や火や水や空気と共にペーパーはとっても生活必需品ということで,
選んでくださったそうです。
ファイル 229-3.jpg
素敵な贈り物、ありがとうございます。
名前をつけると、命が宿ります。
大切にしますね。

Ultima pieza que hice.
Si, es una florera, pero a mi misma, gritaba en el taller,
“Quien ha dejado el papel higienico aqui???”
No digo que he creado bien, solo que no tengo buena vista.
jajaja.

Queria alguna florera que tenga aspecto que no pegaria nada con flor.
Si, no veria esta situacion muchas veces en la vida…como la segunda foto.

La clase de Ikebana que hicimos el otro dia, me ha regalado un nombre bonito.
Cuando uno tenga nombre, empieza la vida.
Gracias, Profesora Phyllis, voy a recordar de usted,
cada vez que le pongo flor.

Source: 過去の記事

Dakota-東京国立博物館見学会。

産む、産まれない、産むぞ、産まれた!!などてんやわんやしているうちに、
東京国立博物館の改修工事が終わっていました。
ずっと、見学会で訪れたいと思っていた場所なので、
復帰後第1弾見学会は東京国立博物館の東洋館で
中国、朝鮮半島のやきものを見ることにしました。
灼熱の太陽が照りつける土曜日の朝、みんな早起きして参加してくれました。
ファイル 228-1.jpg
ファイル 228-2.jpg
さすが気遣いの国、日本。
東博内で使える日傘の提供。
みなさん、持ち帰らないように・・・。
東博って書いてありますよ~。
ファイル 228-3.jpg
少しだけ、歴史的背景や技術を伝えた後は、各自で鑑賞。
知識を詰め込むより、心の目で捉えるのがイチバンの鑑賞法。
いつも思います。
ファイル 228-4.jpg
展示を全部見るよりも、いいなぁと思える一つに出会ってそれをじっくり見ること。
それは大きな収穫なんじゃないかと・・・。
みなさん、いい出会いはあったでしょうか?

その後は、混む前に浅草に戻って隅田川花火大会に向けてスタンバイ。
ってゲリラ豪雨にやられましたけど・・・。
でも、dakotaキッズはめげません。
室内焼き焼きパーティーで夜は更けていくのでした。
ファイル 228-5.jpg

Visitamos unos exposiciones de ceramica, 2 o 3 meses a la mes,
con gente de taller.
Este exposicion, queria ir desde antes, pero , iba a dar la luz, no viene, si, viene, si he dado… haciendo estas cosas, ha pasado mucho tiempo.

Por fin, hemos organizado!!
En la exposocion, no hace falta que vea todas obras, sino, solo uno, una pieza, una obra, deberia gustar, y observar…

Habeis encontrado una??

Despues, cerca de taller, iba a haber fuego artificial,
pero, si, claro! Llovio….
Asi que en el taller…. como siempre hacemos fiesta!!!

Source: 過去の記事

Dakota-いけばな体験。

趣味はお茶と生け花なんて言えたらかっこいいなぁ~なんて思いながら
お茶も生け花も触らないで生きてきてしまった・・・。
どちらも焼き物と関係が深いのでいつかは!!と思っておりました。
そんないつかってひょんなことで訪れてくれるものです。
今日は瞳生会いけばなの研究会。
先日花器を作りにきて下さった流派の方々が
花器を引き取ると同時にお花も生けちゃおうという会。
素人の私も参加させていただきました~。

まずは、作品品評会。
焼き物の方は、少しだけ私に時間を割いて頂きました。
焼き物の見方は良く分からないと言う声を耳にします。
そして、実際じっくり見たつもりでもつもりでしかないときも多いです。
表面的な部分だけでなく、細部までじっくり見ていると
いろんな顔が見えてくるので、
他の人の作品に名前をプレゼントするという方式で鑑賞しました。
プレゼントとなると気は抜けませんもんね~。
そんな素敵なプレゼントは筆にしたためて贈る形にしました。
ファイル 227-1.jpg
次はいよいよお花を生ける時間。
先生が、一つ一つのお花を説明してくださいました。
ファイル 227-2.jpg
ベテランさんは独自の感性で活けていきます。
ファイル 227-3.jpg
私は、先生にルールを教えてもらいながら一歩一歩・・・。
そして、全てのルールを無視してしまった結果、
(先生、好きで無視したわけではないんですよっ!
おっしゃるとおりに活けてたらこうなっってしまったんです・・・!)
こんな感じになりました。
ファイル 227-4.jpg
工房がひまわりにつつまれとっても華やかな空間になりました。
ファイル 227-5.jpg
人生なんでも経験ですが、数を重ねることも大切だと思います。
次の研究会も、是非参加させてください!!

Mi primera obra de Ikebana…
Como hace 2 meses, han venido un grupo de Ikebana,
Al recoger las piezas, han practicado Ikebana.
Entonces, YO DEBO QUE PROBAR!!!
Desde antes, me interesaba mucho
y ademas, dice que mujer culta hace Ikebana y ceremonia de te!! jajaja.
Para empezar, hemos observado las piezas de ceramica que hicieron.
Solo verlo, no es suficiente, Asi, he planeado un intercambio de nombre de las piezas.
Regalan uno a otro los nombres de las piezas.
Y luego escribieron en caligrafia .

Luego para hacer ikebana, el maestro explico todas las flores que usamos.
El tema de hoy es girasol!!
Los alumnos hacen cada uno como sienten,
Y yo seguia a las reglas que me indico el maestro.
He ignorado todas reglas sin querer, mi obra de ikebana ha sido como la foto 4.
Este dia, estaba llena de flores en mi taller, ha sido muy bonita.

Source: 過去の記事

Dakota-7月のサタデー陶芸ナイト。

7月のサタデー陶芸ナイトは、
いつもの顔ぶれが多く揃う会でした。
なんだか、月イチで集まる同窓会のような感じで
とっても温かい。
うんうん。この空気が好きなんだよなぁ~。

で、もう皆さん、
“器の作り方”の説明をを聞き飽きた方達ばかりなので省略。
“私、芸林と申しまして・・・”というかしこまった挨拶も省略。
道具は全部セルフで取ってね、やりたいようにスペースやってね。
てなリラックスぶりです。
ファイル 226-1.jpg

いい夫婦。
ファイル 226-2.jpg

途中「やってる~?」と顔を覗かせに来た友人達。
一応筋書きは、都心で開催かしこまった文化系イベントなんですが・・・
何なんだ!!この下町の空気感!!
こういう人達に囲まれているから、やっていける。この東京砂漠~。
ファイル 226-3.jpg
終わった後は、待ってました。
焼き焼き主任登場!
やきそばをじゃんじゃん作ってくれた後は、
かた→はんじゅく→じゅくじゅくのメニューから
好きな硬さで焼いてくれます。
目玉焼きを焼く主任と待つ人。
ファイル 226-4.jpg
そして、ハイハイ。押さないでね~。
こんな感じで文月の夜は更けていきました~。
ファイル 226-5.jpg
来月は8月17日に開催予定です。
お盆にかぶるかもしれませんが、帰省しない方、
東京にとどまらなければいけない方、
夏休みなんかないよ、普通の週末だよと言う方、
どんな理由があれご参加お待ちしております~!!

El sabado pasado fue la noche de ceramica,el evento mensual de mi taller.
Este mes, han reunido solo la gente que vienen todos los meses,
asi, ha sido muy muy relajada.

Como ya saben como se hace, no explique ni no salde formalmente,
como “Me llamo Akiko, la duenya de este taller…tal tal tal…”
Sacaba los materiales, y Usad lo que querais!

En mitad de evento, me visitaron amigas,
Oye, es un evento muy cultural y formal en el capital de este pais,
Como vienen,”Que pasa~??Como va~?”
Con esta gente, puedo sobrevivir en Tokio.

Despues de la hora de ceramica, ya empieza la cenita.
Me encanta este evento y ha sido muy agradable.

Source: 過去の記事

Dakota-名作。

「名作を作ろう!」てことになって・・・
と言って来てくださったのは
かわいい4人組さん。
中学時代の同級生だそうです。
そのテーマの通り、「私はマグカップ、私は片口~」
と一生懸命名作に取り組んでいました。
真剣そのもの。
ファイル 225-1.jpg
色々な道具も駆使します~。
ファイル 225-2.jpg
実は、この方はパン屋さん。
どうりでひも作りが上手なわけだ~。
ファイル 225-3.jpg
この方は未来の歯医者さん。
デンタルフロスを使うかのように、作品をろくろからはずしていきます。
どおりで切り糸使いが達者なわけだ~。
ファイル 225-4.jpg
名作、誕生しましたでしょうか??
又、秀作にも挑戦しにいらしてくださいね!!
ファイル 225-5.jpg

Queremos hacer unas piezas que queda n en la historia!! jajaja.
Con la voz muy muy animada, ha hecho una reserva de la clase.
Por supuesto, han concentrado mucho durante haciendo.
Han quedado en la historia???

Source: 過去の記事

Dakota-今日のお仕事。

先月のサタデー陶芸ナイトの作品が焼きあがりました!!
今回も、窯焚きのあとはここはサウナかっ!!というぐらい暑かったですが、
とってもいい仕上がりになりました。
皆様の手と心と自分の汗の結晶です。
ファイル 224-1.jpg

今月末のランタンワークショップに向け試作品を作りました。
ご参加くださる皆様、イメージ湧かせていらしてくださいね!!
ファイル 224-2.jpg

今日も”おんぶ→だっこ→すこぶる遊ばせる”でなんとか乗り切りました。
仕事の時間が、今まで以上に体力勝負になってきました。
よしっ!明日も頑張るぞ!!

Estan cocido las piezas del evento del mes pasado.
Parecia una sauna dentro de mitaller despues de coccion…
Con la mano de los participantes, con mi sudor, se ha cumplido…

Este mes, otro evento, hacer una lamparita de la mesa.
He hecho la prueba jugando con la bebe , llevando por mis hombros…
Ahhh… que cansancio!!
Voy a dormir al misma hora que bebe!!

Source: 過去の記事

Dakota-おみやげ。

ファイル 223-1.jpg
dakota工房の生徒さんはみんなアクティブ。
そりゃぁ、自転車で暑い中来たり、仕事のない日にろくろを回したり、
残業後に土をこねたりするわけだから、アクティブでない訳がないんですが。

そして、みんな時間さえあれば日本各地、世界各国を回るような人達ばかり。
時々、クラスの時にはお取り寄せしないといけないようなお菓子が並んだりする。
(そして私の買ったしょうもないスナック菓子などは出せなくなってしまう。)
旅行といえば実家の辺りをうろつく、
そしてパスポートの期限も切れてしまったような離国際人の私にとっては、
束の間旅行体験が出来るようなもの。
今日も楽しい話が聞けました。
みんなありがとう~!!

Ya no tengo ni pasaporte(ha caducado), con una bebita, no puedo viajar,
pero mis almunos son todos viajeros.
Claro, vienen a masae barro despues de tarabajo, con la bici en 35 grados de calor,son autenticos activos!!!
Y siempre llegan a la clase con unos dulces de lugar.
Gracias!

Source: 過去の記事

Dakota-夏のランタンワークショップ。

ファイル 222-1.jpg
ブログを一週間サボることはあっても、
こんなに頻繁に更新することはめずらしい~。

まぁ、産後で~子供がいて~まだ本調子じゃなくて~
など色々言い訳はあるのだけど、
どうしてもやりたくてうずうずしてしまう我が性格・・・。
やっぱりやっぱりやりたいので夏のイベント開催します~。

テーマは夏の灯り。
子供の頃にわくわくした夏の夜。
少しだけ夜更かしが許された貴重な時間でした。
そんなわくわくを心のどこかで懐かしみながら企画いたしました。

*ワークショップ ”陶製のランタンを作ろう!!”
夏の夜をほのかな明かりで照らすランタン。
作った後はお庭の外灯にしてもよし、アロマポットにしてもよし。
夏休みの自由研究にもぴったりです。
焼きあがった後はランタンに火をともして、ゆらゆらゆれるろうそくの火とともに
その昔、江戸の中心として栄えた浅草のエピソードなどを聞きながら
小さな路地を歩きましょう!

日時 2013年 7月28日(日)10:00~12:30 《ランタン制作日》
 
         8月24日(土) 19:00~20:00 《下町マジカルナイトウォーク》

場所 dakota工房
111-0042
東京都台東区寿4-6-11
(地下鉄銀座線 田原町駅より徒歩3分)

定員10名
(席数に限りがございますので、ご予約は先着順となります。ご了承くださいませ。)

制作はお子様だけのご参加も可能ですが、ナイトウォークは必ず保護者様のご同伴をお願いいたします。

お問い合わせ先

dakota工房 芸林晶子(げいりんあきこ)

080-6205-9580

dakotacafe@gmail.com

www/dakota-kobo.com

Todavia, tengo muchas escusas como “no tengo tiempo” “Porque tengo que cuidar una bebe de 4 meses.”
Pero, quiero hacerlo!!
Asi que he planeado un evento veraneo que se llama ” Crear una porta vela para iluminar la calle de verano”

Cuando yo era ninya, el vacaciones de verano ha sido algo muy especial,
Me permitia dormir mas tarde, podia pasear por la noche…
Ahora, con 33 anyos, todavia, cuando empieza oler verano,
me recuerda esa sensacion.
Quiero regarar buen recuerdo para los ninyos,
algo magico,algo especial.

Al terminar la pieza, paseamos juntos con la velita a los callejones de Asakusa, el barrio antiguo de Tokio…
Sera una noche magica… lo espero,

Source: 過去の記事

Dakota-0歳児と仕事の付き合い方。〈寝返り編〉

先日〈ねんね編〉を書いたばかりなのに、
もう、ねんねだけでは嫌になってしまった。
赤ん坊の成長というのは早くて、大人の方がついていくのに必死。

最近は、動きたい願望が強いらしく、
工房ではおかあちゃんがやたらとねんねばかりを薦めるので
とうとうご機嫌を損ねてしまった・・・。
そんなわけで、寝返りをさせてあげようとこんな感じでクラスもしてみるものの・・・。
いつかは動き出してこれも危なくなる日がそう遠くはない・・・。
ファイル 221-1.jpg

なので、又新兵器を導入。
最近は、この中でごろごろしてくれています。
ファイル 221-2.jpg
これが正解だとは思わないけど、これしか出来ないのだから
不正解ではないと自分に言い聞かせる。
快適な環境の中で、100%向き合って上げられていない分、
生徒さんみんながかわいがってくれる。
わたしら親子は本当に恵まれている。
ファイル 221-3.jpg
こうやってdakota工房託児所化は今日も進んでいく~。
ガンバレ!ゆうちゃん。君は絶対強い子になる!!

El plan de convertir a una guarderia desde un taller de ceramica sigue…
El otro dia, escribi como trabajar y cuidar una bebe de 4 meses al mismo tiempo,ya no es solo una bebe de dormir,
ya quiere mover…
Asi que tenia que inventar algo nuevo para ella.
Ultimamente, estaba haciendo clase como la foto 1,
pero seguramente en 1 mes, se empieza mover y va a ser muy peligroso.
Entonces, he conseguido un nuevo lugar para ella.
(foto 2)
No se si estoy haciendo bien, seguramente, sera mejor cuidar en la casa, tranquilamente, y la madre atende 24 horas a la bebe.
Pero yo no puedo hacer otra manera.
Hay mil manera de cuidar bebe, y sera uno de ellos.
Pero estamos muy afortunadas,
es que los alumnos le dan mucho carinyo…y siempre le abrazan.
Gracias a todos, asi crece la bebesita.

Source: 過去の記事