Dakota-100日。

ファイル 214-1.jpg
あっつつーのまま窯から出して、何とか間に合いました!!
これで、今日の器がそろいました~。
後は、料理だっ!!
炊いた事もないお赤飯とか、今まで食卓には出なかった鯛とか・・・
めんどくさいな~と思いつつも、小豆をゆでたりしているんだから
母性とは本当に恐ろしいもの。
(しかも頑張って作ったところで、主役は食べてもくれない・・・。)
このままでは、”絶対やらない”リストに入れているキャラ弁作りも
してしまいそうだ・・・。

お食い初めとは、一生食いっぱぐれないようにとの願いをこめてするものらしい。
香の物、酢の物、煮物、お吸い物、お赤飯、尾頭付きの鯛、歯固めの石が基本らしいので、石以外は頑張って作りました。
(シフォンケーキは只のワタクシの欲求です。)
ファイル 214-2.jpg
照明のせいか、それとも自分の料理の腕か、写真に収めるとなんかいまいち・・・。
3ヶ月前、母親になる自覚が全く無く、
こんなんで大丈夫なんだろうかと相談した時に、
お義母さんが言ってくれた一言。
「赤ちゃんがお母さんにしてくれるから心配ない。」
確かに、この乳飲み子に煮物が出来なかったハードルを越えさせて頂いた。
ありがとう。あかんぼ。大きくなれよ~!!

He sacado las piezas de horno de unos 300 grados hoy.
Como hoy va a ser una ceremonia para mi hija,necesitaba como sea esas piezas.
Ya tengo cuencos, resto es la comida…
Hay que hacer, sopa, arroz con judia roja, algo cocido, algo con vinagre, ciruela seca,pescado entero y unas piedras.
Menos unas piedras he hecho…(el pastel es mi antojo.)
Con la luz o mi nivel de cocina, en la foto no parece muy bueno…
Hace 3 meses, me preocupaba que si podia ser una madre,
Mi suegra me dijo que
“La bebe te hace ser una madre.”
Si, lo hecho, con tantas comidas que nunca habia cocinado…
Gracias, bebe,Te deseo todo lo mejor.

Source: 過去の記事

Dakota-ギリギリセーフ(のはず。)

ファイル 213-1.jpg
あかんぼを産んで明日で100日経つ。
ということは、明日はお食い初め!!
自分は風習など気にするタイプでもなかったのに
主役があかんぼだとなると俄然頑張ってしまう・・・。
でも、お食い初めなんて知らなかったがために器が準備できなかった。
もちろん、産む前は母性が出るなんて思ってもいなかったから、
器なんて作ってませんでした。
これじゃぁ間に合わないよと、先日遊びに来てくれたお母ちゃんに
自分が仕事している間に作ってもらった。
乾燥させて、素焼きして~なんて言っているともう明日!!
てなわけで、ダッシュで今日、本焼き窯詰めました。
ファイル 213-2.jpg
今晩中には焼き終わり、明日アツアツの状態で家に持って帰れば
なんとか間に合う!!!
ぐずるあかんぼ片手で適当にあやしながら、窯を詰めました。
(愛情表現が逆転している気もしないが。)
溜まっていた生徒さんや体験さんの作品も一緒に詰める。
窯は、作品の高さや色飛びがしないように色合わせをしながら詰める。
複雑なパズルのようで、おりこうでないとできない。
そして、今日もおりこうでない自分がやるもんだから2作品だけ残った・・・。
くやしい・・・。

Manyana va a ser 100 dias despues de que nacio mi hija.
Que rapido!!!
En japon, tiene un tradicion de celebrar a bebe de 100 dias.
Preparan comida especial,(aunque ellos no pueden comer nada)
Queria hacer sus piezas para esas comidas,
pero 100 dias han pasado muy rapido, ademas, no imaginaba que iba a tener instinto maternal(jajaja) ,asi que no tenia nada!!
El otro dia, vino mi suegra, asi que mientras yo trabajaba, le hice a hacer los cuencos para mi hija.( que poder tengo!!)
Y!!!
Pongo el horno hoy!! y otra vez digo, manyana es el dia!!!
Por lo menos, voy a sacar esos cuencos aunque la temperatura de horno es muy alta, y preparare comida con ellos!!

Source: 過去の記事

Dakota-花器作り。

心地よい五月晴れの日はお花の先生とお弟子さんたちが
花器を作りに来てくださいました。
これからの季節に向けてヒマワリを活けるそうです!
お花と花器、切っても切り離せない関係ですもんねぇ。
私も是非、一度足を踏み入れたい世界です。
北大路魯山人は、”うつわとは料理を飾る着物”
と称していたけれども、花器もその着物のひとつだと思います。
私は、お花に関して全く素人なので、
ヒマワリと聞くとゴッホの絵のような巨大花瓶を想像していたのですが・・・
さすが!!!え~っ!それも花器!?これも花器!?
と驚かされる前衛的なデザインを
考えてきてくださいました。
ファイル 212-1.jpg
作りたいものがイメージできているっていうのは、
一番大切なことだと思います。
後はそこにどう近づけていくか・・・。
今回は作りたいデザインに合わせて板で作るたたら成型と
紐作りの2チームに分かれました。
作り始め。みんなさわやか。
ファイル 212-2.jpg
3時間後・・・。
みんな一人の世界。最初の定位置などもう存在しない・・・。
ファイル 212-3.jpg
大物だったので、長時間かけて作っていただきました。
出来上がった作品達。どれも個性的でこちらが勉強になりました。
ファイル 212-4.jpg
みなさま、へとへとだったと思います。
でも、最後にこの笑顔。
ファイル 212-5.jpg
花を活けたのを見るのが取っても楽しみです。
その際は、センセ、是非私にもご指導願います!!

Mayo, que bonito mes, no hace mucho calor ni frio,
en ese maravilloso domingo, han venido la gente de culb de Ikebana
para hacer su florero.
PAra verano, van a decolar los girasoles.
Para mi, sin conocimiento de flores, imagino que el florero para girasoles es como la pintura de Gogh.
Pero ellos han traido unas imagenes muy muy contemporanea!!
Un ceramista japonesa, Kitaoji Rosanjin dijo que los recipientes son como kimono para decorar la comida.
Si lo es, los floreros tambien seran.
Como ha sido muy grandes piezas, ha pasado toda la manyana haciendo.
Imagino que se han cansado, pero al final con esa sonrisa, me alegro mucho.
Me encantaria provar el mundo de Ikebana…

Source: 過去の記事

Dakota-K to T

ファイル 211-1.jpg
夜のお教室の際に、とっても素敵な訪れがあった。
サタデー陶芸ナイトにずっと通ってくれている方。
「6月から彼と一緒に住むことにしました。」

だから、新生活を始めるためのお茶碗を作りたいそう。
なんだか胸の奥がじ~んとした。
生活っていうのは、ただ呼吸をするだけでなく、
ただ時間の流れを見つめるのではなく、
一瞬一瞬を大切に過ごすことの集大成だと思う。
だから、心豊かな生活は豊かな一瞬にある気がする。
その豊かな一瞬が、たわいもないおしゃべりにあり、
温かな抱擁にあり、美味しい食事にある。
そんな日々を送るのに、日常に登場する様々な道具が名脇役になる。
このお茶碗たちは、淵が少しかけても、お茶碗の裏が少し黒ずんでも、
二人の歴史を語っていくんだろう。
ファイル 211-2.jpg

そうやって、モノに愛情を注げる人と話すととっても嬉しくなる。
きっととっても温かい食卓を囲む二人だろう。
楽しい生活になりますように・・・。

He tenido una visita muy agradable.
Una chica que siempre participa al evento mio.
Dice…
“Hemos decidido vivir juntos, mi novio y yo.”

La vida cotidiana es la continuacion de momentos.
Para vivir esos momentos, queremos intentar que sea mas divertido , mas maravilloso y mas agradable…
Esos momentos existe en la charla, en el abrazo calido, y en la comida buena.
Estos cuencos van a ser contador de historia de los dos.
Seguramente, va a ser una pareja que siempre sonrie en la mesa con buena comida y buena ambiente.
Suerte!!

Source: 過去の記事

Dakota-サタデーナイトの作品達。

暑くなってきましたね~。
こんな事言っているとすぐに梅雨が来て本格的な夏到来なんでしょうねぇ。
ばてないように頑張らねば!!

さてさて、先日のサタデー陶芸の作品をアップします。
あいにく、このブログの機能では4枚ぐらいしか写真が載せられないので
抜粋しました。

陶芸初挑戦。でも、とってもいい出来。
取っ手に遊び心が見られます!
きらりと光る素質!!
ファイル 210-1.jpg
もう何作品目かな~。
手先がとっても器用なこの方はいつも面白い世界を見せてくれます。
前にあるのは陶製の氷だとか・・・。
これからの季節に冷蔵庫でキンキンに冷やして使うそうです。
ファイル 210-2.jpg
こちらもベテランさんの作品。
茶碗蒸し入れ。
いつもちゃ~んと作りたいものがあって、それを形にするからすごい。
ファイル 210-3.jpg
チューリップみたいなオブジェ作りマース。
とお茶目におっしゃってたこの方。
オブジェのつもりが何か分からなくなってきた~。
と途中半泣き状態でしたが、ちゃんとオブジェですよ!!
そしてちゃんとチューリップ!!
ファイル 210-4.jpg
削るのは自分の仕事になりますが、
削っている間も結構サタデー陶芸ナイトの余韻に浸っています。
あの人あ~だったなとかこうだったなとか。
そんなこんなで、素焼きが焼けて本焼きが出て、いい感じだったりすると
作り手さんの笑顔なんかを思い浮かたりして・・・
そうするともう次のサタデーナイト。
6月もわいわいやりましょうね~。

Las piezas que hicieron los participantes de mi evento.
Son muy originales!!

(La foto1)Una taza con una asa muy especial.
Aunque ha sido la primera pieza para el, salio muy bien.

(La foto2)Siempre hace unas piezas muy bonitas.
Las piedras son como hielo, va a congelarlas y poner una taza de sake para beber muy frio.

(La foto3)Unos cuencos con tapaderas.
Es un genio.

(La foto4)Decia que queria crear algo artistico con la forma de tulipan.
Es artistico!! y tulipan!!

Source: 過去の記事

Dakota-5月のサタデー陶芸ナイト復活祭。

三社祭の中日の日に丁度あったサタデー陶芸ナイト。
皆様、祭りに行きたい気持を抑えつつのご参加ありがとうございました。
お昼間はこんなに盛り上がっていたdakota工房前。
ファイル 209-1.jpg
お囃子やらわっせーわっせーという活気の中、
5ヶ月ぶりのサタデーナイトの始まり始まり。
いやぁ。5ヶ月ぶり。
会いたかった常連さんにも新しい方にも囲まれて血が騒ぎますね~。

久しぶりのサタデー陶芸は受付するのを忘れたり、名前の紙を忘れたり、
手順がはちゃめちゃだったりしまして・・・
写真を撮るのも忘れていました。
でも、手元にある数枚。
こんな感じでとってもアットホームでした。
ファイル 209-2.jpg
ファイル 209-3.jpg
お疲れ会風景。(この写真しかないっ。)
ファイル 209-4.jpg
テーブル空っぽに見えますが・・・。
この日は北海道のおかあちゃんが手伝ってくれて
とってもオイシイおいなりさんとスパニッシュオムレツを作ってくれたのでした・・・。
写真が1枚も無いというのがなんとも悔しい。

で、ブログを書いている今もみなさんの作品の写真を撮り忘れて
あちゃ~と思っているところです。
(後日アップしますっ!!)

5ヶ月もお休みしたにもかかわらず、再開した折には来て下さる常連の皆様。
あかんぼ抱えてのてんやわんやにも笑顔だった新しく来て下さった皆様。
ご参加ありがとうございました~。

6月は15日に開催予定です~。
以前よりは縮小してご予約を締め切らせていただいておりますので
ご希望の方はdakota工房までご連絡くださいませ。

dakota工房

dakotacafe@gmail.com

予約フォーム

http://www.dakota-kobo.com/contact.html

Por fin puedo retomar mi evento mensual!!!!
La noche de ceramica!!
Aunque he tomado 5 meses de ausensia, la gente ha llegado con mucha ilusion.
Para mi es un gran honor de recibir gente que quiere tocar a barro.

Ese dia, ha juntado el dia de fiesta del barrio,
ha salido Omikoshi,(la foto 1), con la musica de fiesta tradicional, con los tamboles, ha sido muy divertido.

Durante el evento, tuvo un ambiente muy familiar,
con los participantes que siempre venian, con los nuevos que han venido.

Con la bebe, va a ser un poco pequenyo evento, reduciendo los participantes, pero seguiremos!! y seguiremos!!

Source: 過去の記事

Dakota-春合宿の後は・・・。

ファイル 208-1.jpg
大学のテニスサークルの春の合宿班が一緒で・・・
と来てくださった男女6名様。
いやぁ~。楽しそう。
土をのばしてもひもを作っても笑いが出る。
自分の大学生時代もこんなにキラキラしていたかなぁ??
(いや、もっとむさくるしかったような気がする。)
私はお皿、僕はお茶碗と色々挑戦してくださいました。
こちらはお皿組み。]
ちょっとした模様をつけるだけで器の表情が変わります。
ファイル 208-2.jpg
こちらは、おわんに日付を入れてます。
いい思い出になりますねぇ
ファイル 208-3.jpg
元気のいい皆様に青春のフレッシュな力を頂いた午後でした。
ファイル 208-4.jpg

Source: 過去の記事

Dakota-祭りだ!三社祭だ!サタデーナイト!

ファイル 207-1.jpg
明日はお祭り。
町のどこもかしこもお祭りモードで盛り上がっています!!
dakota工房のある寿4丁目でも、もうおじさま達が今日から酒盛り。
ファイル 207-2.jpg
(これ以上近くに寄れない・・・。)
そして忘れちゃいけない!!
明日は、dakota工房でもサタデー陶芸復活祭!!
三社祭とかぶるとは実に縁起がいい!!
お囃子を聞きながらの陶芸ナイト!
楽しみですな~。

Manyana empieza la fiesta de barrio de Asakusa, donde tengo mi taller!!
Es una fiesta que comenzo desde hace 700 anyos, muy tradicional!
Ya en mi barrio se empiezan beber los hombres…
Ademas manyana es la noche de ceramica, mi evento!!
Va a ser muy divertido con la musica tradicional!

Source: 過去の記事

Dakota-おばあちゃん現る。

あかんぼを一頻り抱いてもらって、大人のごはんを作ってもらって
の後は、お食い初め用の器までも作ってもらう。
ファイル 206-1.jpg
最後の手直しは使う本人から・・・。
(大人の冗談に付き合ってくれる優しい乳飲み子。)
ファイル 206-2.jpg
世界で一つしかないおばあちゃんからの贈り物で
お食い初めが出来るのはシアワセですね。

La abuelita viene…
Abraza mil veces a bebe y cocina para nosotros,
y hoy hace unos cuencos para sus nietas.
Por supuesto para terminar, ella ehca una mano.

Source: 過去の記事

Dakota-先生。ありがとう!!

昨日は産休中にお教室を見ていただいていたお二人の先生のありがとう会を開きました。
私がこうやって子供を産むというビッグなプロジェクトを達成できたのも、
産休中なんのストレスもなく安心して過ごせたのも、ひとえにお二方の存在のおかげです。
教室を見てもらうという行為は、陶芸に関わっている方ならできたのかもしれないけれど、
こんなに楽しい教室はお二人にしかできなかっただろうと、
生徒さんの笑顔を見ていると心から感じます。

宴準備段階。
ある人は料理を、ある人は作品を・・・。
とっても自由なdakota工房。
ファイル 205-1.jpg
隅に追いやられるも仕事を全うする乳飲み子。
ファイル 205-2.jpg
恒例の一品持ち寄り。
今回は、お手製が多くクオリティも高い!!
ファイル 205-3.jpg
そして宴。
和やかな雰囲気でやっぱりdakotaに集う人はいいなぁと感じる。
ファイル 205-4.jpg
生徒さんから先生たちへのメッセージ。
産後、涙腺が壊れた私にはうるっときてしまいます。
ファイル 205-5.jpg
こんなにも、熱いメッセージを贈られるおふたりは
私がゆっくり休んでいる間に一生懸命お教室を見てくださったのだと
改めて実感。
自分は、本当に人に恵まれている。

荒川先生、佐々木先生。
本当心から感謝しています。
そして、これからもどうぞよろしくお願い致します。

Desde este mes, he vuelto a trabajar,
abri una fiestita de despedida de dos profesoras que cuidaban las clases durante mi baja de la matenidad.
Ha sido solo unos 6 meses, pero senti que ha sido grandioso periodo para mis almunos.
Mirando piezas avanzadas de ellos, sus caras, sus sonrisas,
agradezco profundamente a dos profesoras.

La fiesta…
una prepara, una charla, una termina su pieza…
Muy libre en mi taller…(la foto 1)

mi hija tambien participo.( la foto 2)

cada uno trae su comida favorita…
Que rico…(la foto 3)

Cada almuno muestra sus agradecimiento a las dos.
Uuuu…Que emotion…
Desde sus parablas, se nota que ellas han trabajado mucho durante yo descanzaba…
Muchisimas gracias!!

Source: 過去の記事