Dakota-こうでなくっちゃね。

ファイル 145-1.jpg
工房の家賃を滞納したことはない。
値上がりした電気代も涙をのんでちゃんと払っている。
クラスも休んだことがないし、
講師業も責任をもってやっているつもり。
でも、ここ最近ず~っと引っかかっていた。
なんせ、自分の制作っちゅうのをしていないのだ!!
10年前、家族の反対を押し切り陶芸を始めたにも関わらず、
3年前、家族の反対を押し切り丹波へ修行に出たにも関わらず、
1年前、旦那の多大なる支えで独立したにも関わらず、
体調が優れないのを理由に制作を休んでいると、
復帰のタイミングを逃してしまった・・・。
土を触ることしかできない自分からそれをとったら、只のアホです。
只のアホで生きるのは、世間様に顔向けできないので
やっと陶芸しかできない人間に戻ります。
昔、先生が”陶芸を一旦やめると、はじめるのが億劫になる。
土は冷たいし、手は荒れるし、服は汚れるし、いいことがない。”
と言っていたのを思い出す。
でも、一番いいことがないのは、ちゃんと自分に納得して生活できないことだと思うのです。
さぁ、やろう。
何に向かっているわけでもないけれども、寝たり食べたりするのと一緒で
土に触るという欲が自分にはあるのです。

Nunca he retrazado de pagar el alquiler,
Pago todos los meses un dineral de electricidad,
Nunca he faltado a la clase,
y hago bien (creo) el trabajo de profe de ceramica.
Pero ultimamente no me sentia nada bien.
Porque no trabajo nada de mis piezas!
Hace 10 anyos, entre a la escuela con aprendiendo en diferente idioma,
hace 3 anyos, he entrado como aprendiz a un taller muy estricto,
hace 1 anito con el gran apoyo de mi marido, he montado mi taller,
Ahora soy solamente el responsable de mi taller!!
Con el embarazo estaba haciendo una escusa,
he perdido el momento de volver…
Mi maestro decia antes,
“Una vez si tu dejas hacer ceramica,
te cuesta mucho de volver;
hace frio, hace calor, te deja las manos hecha polvo, te mancha la ropa…”
Ahora entiendo, y ademas lo peor sera no poder vivir sentiendo bien consigo mismo.

Asi que voy a empezar, no se para que ni por que,
pero tengo la necesidad de tocar barro como los actos necesarios como dormir y comer.

Source: 過去の記事

Dakota-保育園3。~土メダルを作る~

先週の保育園。
やっと、キッズ達の集中力が最大7分ということが分かってきた。
これは、ちゃんと40分のクラスができるように、
なんとか面白いカリキュラムにせねばっ!
ってなわけで、今回は我が畑の陶土を使ったプログラム。
40分で、触って、こねて、手を洗って、スモック脱いで、靴下履いて、
帽子をかぶるのはやや無理があるので、(その間にケンカしたり、おしっこをもらす仕事もある。)なんとかならないものかと考える。
そんなわけで、無い知恵絞ってやってみた。
今回のクラスは”土メダルを作る”。
まず、用意してきたメダルに貝殻やストロー、竹串などを使って模様をつけてもらう。
ファイル 144-1.jpg
おっ。なかなかスタンプもいいじゃないか~。
これ、一応印花っていう技法だよ。
14世紀に朝鮮半島で生み出された技法で・・・って興味ないやろうな~。
ファイル 144-2.jpg
次に、生乾きの状態でも大丈夫な顔料で色をつける。
ファイル 144-3.jpg
出来上がり。
うんうん。なかなか斬新。
ファイル 144-4.jpg
早速焼いて、リボンを通してメダルをかけてあげたいな~。

La clase de guarderia.
Por fin estoy aprendiendo que el concentracion de los ninyos dura el maximo 7 minutos…
Como tenemos 40 minutos de clase(!?)Que hago!?
En esta vez, utiliamos el barro,
pero para hacer una pieza de ceramica en 40 minutos,
ademas, lavarse sus manos, buscar sus carcetines, pelear, hacer pipi, tal tal tal… no da tiempo!
Asi que voy a hacerles que pinten una medalla de barro.

con unas pajitas, con unas conchas, unos sellos, hacen textura.
( la foto 1, foto 2)
luego se pintan con los colores para barro.
(la foto 3)
Asi, se queda!

Pronto voy a cocerlos y pongo lazo.
No puedo esperar que ellos los pongan!

Source: 過去の記事

Dakota-3人3様。

ファイル 143-1.jpg
東京という街で優しく私を迎え入れてくれるおいしいレストラン

Le conte

のこれまたとっても優しい店長さんが、
最近お休みの時に来てくださいます。
お仕事が忙しい分、土を触っていると気持ちが和むのだそうです。
自分も毎日土を触っていると、打ちのめされることもありますが、
大半は土に助けられていると思います。

今回は、仲良しのご友人の方々と・・・。
お茶を飲む、おしゃべりをする以外にも、
こういう時間を共有すると、知らなかった部分や隠れた才能の新発見にもつながります。
高いのが好きな人や低いのを作りたい人や・・・。
ファイル 143-2.jpg
お皿は面が広いので模様をつけると表情が変わってきます。
はんこや櫛などもありますが、貝殻などもいい味が出ます。
縄文時代から伝わる技法。
やはりホモサピエンスの知恵は素晴らしい。
ファイル 143-3.jpg
店長さんは、文字を掘りたいらしい・・・。
ん~。何にしましょ。
お店に置く花瓶かなぁ・・・。
とやっぱり、オフの日でもお店のことを常に考える凄腕店主。
ファイル 143-4.jpg
こんな感じで生まれる3人3様の個性。
暗くなるまでお疲れ様でした~。
またいつでも、癒されにいらしてください!!
ファイル 143-5.jpg

Source: 過去の記事

Dakota-石膏型ワークショップ。

マニアックな企画をしてみました。
その名も”石膏型を取る勉強会”。
なんじゃそりゃ!?って感じだとは思いますが、
石膏は吸水性がある素材なので、意外と陶芸をする中で役に立つのです。
今回は、石膏型を使って云々というよりは、
石膏型を作るというものにフォーカスを当てました。
型取りは私の得意分野でもなんでもないのですが、
色々な作品を作る上で生徒さんも知っていたら幅が広がるかなと思い、
いつも地味にひとりでやっているのを公開することにしました。
(もちろん大概ガタガタなので、それレベルという前提です。)

事前準備はばっちり。
石膏は、すぐ固まっちゃうので瞬発力が大切。
そして何より、その瞬発力が生かせるよう手の届く所に色々なものを置くことが大切。
ファイル 142-1.jpg
こういう立体の型を取ります。
ファイル 142-2.jpg
粉から石膏を液体化していき、流し込みます。
ファイル 142-3.jpg
20分もすると発熱してきます。
みなさん触って確認。
ファイル 142-4.jpg
そんなこんなで、こういう風に型が取れますよ~。
ファイル 142-5.jpg
って、皆様の日常の生活や経済活動には全く不必要なものだと
確信しておりますが、まぁ、一応こういうこともやっていますという報告でした。

He organizado un taller especifico.
Un taller de crear moldes.
Estoy muy segura de que no da ningun influencia a vuestra vida cotidiana, pero el molde es muy util para la ceramica.
Preparo todos kits,(la foto 1)
Como la escayora se queda duro enseguida, asi que
tengo que preparar cosas donde llega mi mano.
Voy a crear un molde de una pieza asi.(la foto2)
Mezclo escayora con agua y la meto en la caja.(la foto3)
Chequeamos la dureza. se empieza dar calor.(la foto 4)
Asi se completa una parte de molde!(la foto5)

Source: 過去の記事

Dakota-チェックなナイトと手びねり。

電動ろくろの体験が入ったので、
「汚れてもいいお洋服でお越し下さい。」と言ったところ・・・。
こういうことになりました。
ファイル 140-1.jpg
どうやら、汚れていい服のチェック率は高いっ!
電動ろくろは初めてだというお二人。
最初は、とっても緊張。
ファイル 140-2.jpg
次第に余裕も出てくる。
ファイル 140-3.jpg
こちらの手びねりコーナーはもう手馴れたもの。
陶芸を始められて1年が経ちました。
私が電動ろくろについている間も、お一人で手順よく作業をこなしていき・・・
ファイル 140-4.jpg
こんな素敵なお鉢ができました~。
本当に、ここ最近でぐんと腕があがりました。
なんか、オカンのような気持ちでとても嬉しいです。
こちらは奈良に住むおばさまにプレゼントするんだとか。
絶対喜ばれますネ!!
ファイル 140-5.jpg

El otro dia, ha entrado la reserva de torno,
digo,”Venis con la ropa que se puede manchar.”
Asi quedamos como la foto 1.
Los cuadoritos suelen ser las ropas para mancharse!!

El torno, al principio es un momento muy nervioso,
pero luego empieza haber la capacidad de sonreirse a la camara!!

Mientras yo ensenyaba el torno,
dejaba totalmente sola, la chica de foto 4.
Hace un anyo que empezo ceramica conmigo,
ahora sin mi, ya es capaz de crear una pieza muy bonita como la foto5.

Source: 過去の記事

Dakota-保育園2。

最近、始めた保育園でのアートクラス。
さてさて、今回はハロウィンにちなんで三角帽子作りです。
自分が子供の頃なんて、ハロウィンがあった記憶がないのだけれど
(田舎だったからだろうか?)
今では、2歳児でもお化けを怖がらない時代なんだなぁ~。と感心。
(できれば今でもお化けを見たくない32歳。)

あらかじめ用意した画用紙にクレヨンでお絵かきします。
大人になると、う~ん。何を描こう・・・。と迷うところを
さっさとやりこなす園児の思い切りの良さ。
見習いたい・・・。
ファイル 139-1.jpg
次に、ボンドで毛糸やカラフルな鳥の羽をペタペタ。
ファイル 139-2.jpg
そしてベビちゃんもクレヨンをニギニギしながら頑張ります。
ファイル 139-3.jpg
あとは、先生に帽子にしてもらってかぶります!
みんなかわいい~!!(すぐに脱いじゃいますが。)
ファイル 139-4.jpg
キッズの頭の大きさというものが分からず、
準備段階で5パターンほど失敗を繰り返しましたが・・・。
以外にキッズの頭の大きさと大人の頭の大きさは変わらないことに気づきました。
いやぁ~。勉強になるなぁ。
来週は、いよいよ陶芸です!

La guarderia de esta semana,
Hago algo con relacionado con Halloween.
Cuando yo era pequenya, no habia este evento,(o era una cateta?)
ahora, aunque un ninyo de 2 anyos no le da miedo de fantasmas.
Yo, con 32 anyos, sigo no queriendo ver fantasmas.

Preparo las cartulinas naranjas,
y les hago pintar.
Luego ellos pegan un trocito de lana y pluma.

Pensaba que las cabezas de los ninyos son mas chicas,
pero descubro que son mas o menos igual que nosotros…

Source: 過去の記事

Dakota-東洋の白いやきもの展。

ファイル 138-1.jpg
久々のdakota工房見学会。
今回は、出光美術館で開催されている”東洋の白いやきもの展”に行ってきました。
やきものに関しても群を抜くクオリティでリードしてきた中国の定窯や景徳鎮窯から、
それに影響を受けた磁州窯、朝鮮半島日本の焼き物などが展示されています。
白いというコンセプトの中でも見せる表情は様々で非常に感慨深い展示でした。
北欧フィンランドでは白色の数が約40色もあるらしい。
雪国ならではの白色の違いから生まれた感性なんだろう。
そういう視点で、モノを見ると暖かい白、透き通る白、ベージュに近い白など色々おもしろい。
焼き物を見る上では、確かに歴史的な流れや産地の背景など知っておくとわかりやすいとは思うけれど、
焼き物を理解するのには、これいいなぁとおもえるモノを見るのが一番だと思います。
お気に入りの白い焼き物、ぜひ探してみてください。

東洋の白いやきもの展は10月21日まで開催です。

A veces voy al museo con los alumunos.
Esta vez hemos ido a ver a un exposicion de las piezas blancas de China y Korea.
Por supuesto China, es el lider de ceramica, desde hace mucho tiempo,
producia las piezas muy bonitas.
Con la influencia de el, Korea y Japon tambien hemos avanzado mucho
en el mundo de ceramica.
Con el concepto “Blanco”, hay miles de piezas.
En Finlandia, dice que hay mas de 40 tipos de blanco,
Es el un pais de nieve.
Con este punto de vista, si la veo las piezas,
mas que blanco, se puede descbrir las diversas gamas de colores.
Comprender un mundo de ceramica, es mejor saber el historia,
pero mas que eso, sentirse muy bien frente a una pieza.

Source: 過去の記事

Dakota-お引き取り。第2編

今回のお引取りさんが、ついでに
”やりましょうか?”といってして下さったこと・・・。
なんと・・・タロット占いです。
陶芸ナイトにお越しくださった時に
「占いをして自分の星回りを占ったら
陶芸をしたらいいってあったので・・・。」
とおっしゃっていました。
いつか、私も占ってくださいね~!なんて言っていたら
本当に占ってくださいました。
実は、この時、夜クラスの最中だったのですが、
理解ある生徒さんたちに恵まれているため、しばしクラスを無視。
ドキドキして冷や汗まで出てきました。
生徒さんたちも興味津々だったようで、結局クラスが中断。
どうやら、私のカードは
過去→悶々としていることがあった。
現在→いろんな人に助けられて生きている。
未来→堅実に生きる事が大切。
助言のカードとしては困った時は人の話を聞け。ということでした。
ファイル 137-1.jpg
確かに色々な人に助けられて生きているというのは、
本当に最近ひしひしと感じることであります。
そして、未来も一応堅実に生きようとは努力するつもりでおります。
そして、一人で答えを探さず、困ったら人に相談しようとこの時決心しました。

あまりに、生徒さん達も聞き入っているので
「みなさんのも読みましょうか?」と言わざる得ない雰囲気にしてしまい、
結局全員読んでもらうことに。(本当に優しいお方です。)
そして、生徒さんたちは器なんてほっぽらかしです。
ファイル 137-2.jpg
全然知らない世界でしたが、タロット占いは一種哲学のような気もしました。
楽あれば苦あり。
そんな当たり前でもある人生の定義を目の前で見ているようでした。
さぁ~。堅実に生きるぞ~!!

追記:S様、遅くまでお引き止めしてしまいすみませんでした!
うちのdakotaキッズまでお世話になり本当にありがとうございました!
星回りがどう出ても、又是非陶芸しにいらしてください!!

Al recoger sus piezas, hay gente que hace sus pieza como lo de ayer,
y hay gente que me lee un Tarot!!
Una participante de mi evento dijo que cuando echaba las cartas,
indicaba que estaria bien hacer algo con barro.
Asi fue el razon de participar a mi evento!!
Mis cartas son

el pasado: habia algo que me sufria
el presente: estoy viva con ayuda de mucha gente
el futuro: deberia vivir sin hacer nada malo(lo intentare!)
y la carta de aconsejo es escuchar los demas.

Siento mucho que estoy muy apoyada de muchisima gente,
y intentare vivir haciendo algo bueno,
si pasa algo, no decido sola!!

Al final, (estaba en una clase), los alumonos tambien estaban tan interesados que paro la clase.
Ella tenia que leer las cartas de todos almunos mios…
Gracias!!!

VIVIRE SIN HACER ALGO MALO!

Source: 過去の記事

Dakota-お引き取り。

ファイル 136-1.jpg
1ヶ月前に来てくださった方々が、作品を引き取る際に
又作って行ってくださいました。
先月は、大人数でのご参加だったのですが
今回はお二人で来てくださったので、
じっくりゆっくりして行ってくださいました。
また来ちゃってすみません。おっしゃるのですが
私にとっては、又土に触りたいと思って下さることは
この上ない幸せです。
あ~。自分の作業場だけにしなくてヨカッタ。
陶芸が気軽にできるところにしてヨカッタナァとしみじみ思うのです。
何より自分も楽しませてもらってます。
大体同じ世代ということもあり、同じ女性と来れば
話が尽きない!
でも、楽しい会話をしながらも、陶芸するときの目は真剣。
今回も納得行くものを作ってもらえましたでしょうか。
年末までは、通常通りなのでシリーズ化まだまだ間に合いますよ!
又、お待ちしております~。

A veces en mi taller,
Al recoger sus piezas, hay gente que hace otra pieza.
Para mi es una alegria que la gente le gusta tocar barro.
Que bien que no haya sido un taller solo para mi.
Que bien que este siendo un sitio donde se puede tocar barro facilmente.
Ademas, si son mujeres y son 30 aneros,
charlamos como unas marujas.
Yo, trabajare hasta el fin de Diciembre,
Disfurtare maximo hasta entonces.

Source: 過去の記事

Dakota-神無月狂言会。

ファイル 135-1.jpg
東京は杉並区の閑静な住宅街に
それはそれはとても立派な井草八幡宮というところがあります。
なんだか、そこで年に一回狂言会があるそうなのです。
自分のお友達がご家族で狂言をしているということで、
その由緒ある会にお誘いいただきました。
狂言といっても見たこともないし、
演目も知らないこの無知な私に、お友達がしっかりと
現代風ストーリーをに直した紙を渡してくれました。
さすが!よく分かってらっしゃる!
拝見させて頂いた演目は「萩大名」というもので、
無教養の大名が萩の花を見に行った際、和歌のひとつも読めず
恥をかくというお話。(かなりかいつまんでます。)
この大名に仕えるのが利口な太郎冠者なのだけれど、
れを演じるのがなんと6歳のピカピカ小学一年生!
ついこの間まで幼稚園で、ついこの間まで粘土にきゃあきゃあ言っていたゆきちゃん。
大人顔負けの演技と長~いセリフもスラスラと・・・。
神童とはこういう子のことを言うのかもしれない。
パパさんも一緒の舞台に立っていて、なんだかとても素敵な家族の図でした。
春には世田谷区の北澤八幡でも行っているそうです。
京都じゃなくても、大都会のとあるところにこういう風景が見られるんだなぁ。

Un teatoro antiguo, normalmente no tenemos ocasion de verlo.
Pero una amiga mia actua en ese teatro, asi que voy a ver.
El ecenario tambien es muy bonito a lado de un templo,
Sobre todo impresionante como lo actuan.
Ademas la protagonista es una ninya de 6 anitos,
es la hija de la amiga.
aunque no voy a Kyoto(la ciudad mas tipico de japon), se puede sentir el tradiccion japones en este gran ciudad.

Source: 過去の記事