Dakota-染物ワークショップ。

先日、我工房が1日染物工房になりました。
いつも日頃から染織のあれこれを教えてくれるヒロンさんが
夜の11時に「明日、染めてみる?」というメールをくれて
「染めてみる!」と返事を返したのでした。
次の日の朝6時に「染、参加します。」と勢いのある友人がもう一人いたので
dakota工房にて弾丸染物ワークショップ決行です!
二つ返事したものの染なんてしたことがないので、
まずはなんちゃって藍染を教えて頂きました。
染液から出したばかりの繊維は緑色なのですが
ファイル 130-1.jpg
空気や水分中の酸素と結合すると(酸化)青く発色します。
ほーっ。ミステリー。
ファイル 130-2.jpg
こちらが余裕綽々で染めるヒロン先生。
先生、手元見てなくて大丈夫なんですかっ?!
ファイル 130-3.jpg
3人で色々染めてみました。
ファイル 130-4.jpg
こちらは我が第一子。
靴下なので日の目を見ることはないですが、
それでもとっても満足。
ファイル 130-5.jpg
次は他の色にも挑戦してみたいです!

A las 11 de la noche…
Una amiga mia que siemore me esnenya cosas de textil,
me mando un mensaje.
” Quieres tenir?”
y yo la contesto en media noche,
“Si, quiero.”
El dia siguiente a las 9 de la manyana, ya estabamos listas para tenir.

Hemos tenido cosas pequenyas en indigo.
El indigo, al sacar el tejido del liquido,
esta verde, pero con el oxigeno se convierte al azul.
Que misterio…

Yo he tenido los calcetines, aunque no van a ver,
estoy contenta con mi primer experiencia!

Source: 過去の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA