Dakota-夏の受け付け始まりました。

夏休みといえば、毎年沢山のお子様がいらしてくださる
ワクワク楽しい季節。
今年は、幼児向けのワークショップも企画しました。
陶芸は、小さい子はダメですよねぇ。と思っていたお母さん!
大丈夫ですよ。
小さな子供こそ大きなアーティストですから!
是非是非この機会にいらしてくださいね。

36904422_1596500367138520_149398886908166144_o

Dakota-実は。

あんなにワイワイワークショップしている奥で実は・・・。
陶芸もしていました。
なんだ、鍵開けおばさんだけじゃなかったのか!
お二方は、ミオ先生のお弟子さん。
うちの生徒さんが、ミオ先生の門下に入り、
ミオ先生の生徒さんが陶芸を習う。
もう、これは交換留学!
20180701_113722
ポーセラーツをなさっているとのことで、もう手先はめっちゃ器用です。
お二方とも、盆栽や植物がお好きらしく、植木鉢や盆栽置きを作られました。
私は、ポーセラーツを見に行ったり、陶芸を見に来たり、
ちょこちょこと邪魔ばかりしておりましたが、お二方はすごい集中力。
普段から物を作られているのが感じられます。
ポーセラーツの装飾を次は、是非ご自身で作られた作品になさってみてくださいね!
20180701_113732

Dakota-ポーセラーツワークショップ。

今日の講師は私ではありません。
ミオ先生です。
私は、その名の通り、工房主です。
鍵開けおばさんです。

待ちに待ったミオ先生のポーセラーツワークショップ。
生徒さんも、きっちり時間厳守!
最初に先生から説明を受けたら、それぞれが転写シールを選び始めます。
20180701_101740
それからは、自分で選んだ器に貼っていきます。
水や空気を抜いて・・・。
20180701_103425
慎重に…。
20180701_105016
手前味噌かもしれませんが、親ばかかもしれませんが、
うちの生徒さんは器用でセンスがいいので
しっかり技術を習得し、どれもすてきな作品になりました。
20180701_122022

Dakota-電動ろくろ向きな。

飛び込みでご予約くださった電動ろくろご希望のお二方。
「今日いきなり陶芸しよう!!」って考えたりする方々がこの世にいるってすごい事。
毎日、今日も土に触るぞ!の生活をしていると麻痺している。

そんなわけで、先日体験された藍染めがおもしろく、
色々なものを作りたいという気持ちになられたそうです。
電動ろくろは姿勢が一番大切なのですが、姿勢が悪い工房主は
長年の癖を体に覚え込ませています。
初めての方は、体幹があればあるほどぶれずに作ることができます。
そんな電動ろくろにぴったりの方々でした。
ただモノではないだろうと思わせる二の腕をお持ちのこの男性は
元体操選手。
もちろん、ずっと同姿勢をキープする力がありました。
そんなこんなで、お二方とお初めてとは思えない上手さで
あっという間に作り上げました。
20180623_170658
又、ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。
20180623_180018

Dakota-嬉しいお客様。

なんとも嬉しいご予約がありました。
ご夫妻お三組だったのですが、
そのうちのお二組は、私が今年ウエディングの高砂装飾にお皿を納品させていただいた方々。
こんな風に、お渡しした方とお会いできるなんてとっても貴重な機会。
お皿をお作りする際に、それぞれのお好きなものや興味があるものを事前にお伺いて
絵付けをするので、私にとっては初めてではないような気分。
20180623_151858
とっても不思議な感覚に包まれた土曜日の昼下がりでした。
こちらのご夫妻は、ランニングを通して知り合われたとのことだから
イニシャルにランニングシューズを履かせたものを贈りました。
20180623_144435
お酒がお好きな旦那様と美術の先生の奥様には、
それぞれシャンパンとパレットのイニシャルのお皿を。
そんなわけで、作られたものももちろん酒器!
とっても和やかで温かな時間でした。
20180623_144431
こうして、人と人が知り合っていくって当たり前のことなんだけれど
とっても素敵なこと。
私の心に小さな灯りをともしてくれる出来事でした。
20180623_160016

Dakota-中学3年生。

学校を卒業してから久しいので、
当時どんな気持ちでいたかなんて忘れていることも多いのですが・・・。
いつも、来てくださる方の気持ちに寄り添いたいと思っている芸林です。

今回は、愛知県は北部の方から修学旅行で男子生徒6名様!
陶芸がしたいんだと選んでくださった貴重な陶芸BOYS!
絶対しゃべってくれないだろうなー。と思っていたワタクシですが、
なんとまぁ、とっても素直な中学3年生の皆様。
最初は、確かに目が合いにくい感じでしたが、
最後には色々話してくれる少年たち。
20180620_133414
楽しく作陶してくださいました。
最初は、何を作ろうか迷っていた生徒さん達も、だんだんと手が動いていき・・・。
私が昔作っていたりんごのオブジェをまねしてくださったり・・・。
「冷蔵庫に入れたらかあちゃん怒るかも。」
いやいや、怒らないと思いますよ~。
むしろ、ぎゅ~っと抱きしめたくなるかもしれません。
20180620_133424
この後は、劇団四季のライオンキングを見に行かれました。
今どきの修学旅行は、本当に楽しそう。
来世では、学校の先生になって引率しまくりたいものです。
20180620_143328
愛知は、陶芸の産地。
お家に帰って、又機会があったら挑戦してみてくださいね。

Dakota-Hand。

決して美しくはないのだろうけれど、自分が一番大切に思うパーツ。
それは手であります。
この手が無かったら、作り出せないものがある。
IMG_20180615_124050_972
そう思っている。

昔、先生についていた時に、
「こけるなら顔からこけーよ。手はつくんやないぞ。」と言われていた。
今もそうしている。
そんな手を大事にする私が思う一番美しい手の形。
お釈迦様の手。

Dakota-交換留学。

ポーセラーツのMio先生が打ち合わせにいらっしゃいました。
ガラガラと大きなスーツケースに沢山白磁を詰めて・・・。
そう、特別にうちでワークショップをして下さることになり。

朝からさわやかな笑顔と共に色々と詳細を詰めていきました。
畑は違えど、同じ焼き物の仲間。
話は尽きません!

打ち合わせの後は、先日作った板皿に色を加えます。
まぁ、なんだかお互い教えあって軽い交換留学のようです。
この時だけ、習う方が先生と呼び名を変えるのも笑えます。
教えて頂く大切さ、知識は財なり。
20180612_115724
ワークショップ、楽しみ!!

Dakota-アクティブな日曜日。

こちらは雨の浅草。
こんな日は、家でゆっくり映画でもなんてなりそうな時にも関わらず、
時間厳守でお越しくださった仲の良いグループさん。
同じ会社で働いていらっしゃるそうで、社員旅行かと思いきや、
仲が良いので遊んでいるとのことでした。
そんな仲間に恵まれている会社、うらやまし~!

陶芸の前は、藍染め教室へ行って来たという皆様。
クリエイティブでアクティブ!
一日を無駄には過ごしません!
作陶中も、真剣かつ和気あいあいと。
20180610_161254
皆様、とても素敵に作っていらっしゃいました。
そのあとは、もちろん又浅草で。
ぐい飲みで飲み交わすプランへと工房を後にされました~。
20180610_165504
一日に1つの用事しか入れたくなくなってしまった不器用な工房主には
うらやましいぐらいのバイタリティでした。
見習いたい!

Dakota-今年も。

今年もこの季節。
毎年お誕生日に絵付けをしに来てくれるけいちゃん。
彼女が、この工房で初めての一番小さなお客様でした。
あの時1歳半だったけいちゃんは、今年8歳。
5枚目のお皿を作りました。
年々描くものが上手になり、色合いがきれいになり、
これからも夢を沢山思い描いてください。
浅草の粘土のおばちゃんより。
20180603_115545