Dakota-オーナメントづくり。

娘の保育参加に行ってきました。
寒空の中、ドッチボールという座り仕事の自分にとっては過酷な保育内容でした。
動いていないと寒いので、めっちゃ走り回って大人げなく最後まで残りました。
これぐらいの執念としたたかさが生き抜くためには必要なのです。

そのあとは、久々娘と息子と3人で工房に。
クリスマスのオーナメントが作りたいとか。
間に合うのか・・・。
坊、がんばれ。
20181212_140443

Dakota-きまま陶芸部。

陶イズムに出たり、神戸に行ったりしていたら、ちょっと日が開いてしまいました。
この素敵なお二方は、ポーセラーツワークショップをした時に、交換留学でいらしてくださった
みお先生の生徒さん。

陶芸も極めたいとそれからもお越しくださっています。
お二方ともママさん業もされているので、話しにも花が咲きました。
20181118_113401

お二方とも植物が大好き。
盆栽用の受け皿を作りたいといって、マケットまで作ってきてくださる細やかさでした。
子育てしながらすごいです!
20181118_124052
盆栽用の受け鉢は動物の形がいいなと言う話になり、はりねずみの形に。
20181118_120228
もう一作品は、お酒の酒器。
これからのお正月に向けてお家にあるといいですよね。
20181118_113411
とっても楽しい時間であっという間に過ぎてしまいました。
又お待ちしています!

Dakota-ゲストの。

仲良しのお友達が、ゲストさんをお連れしたいとのことで
すごく前からご予約下さっておりました。
会社のご友人だそうで、この度めでたくご退職なされたそうです!
長い長い間、毎日働くってすごいことですよね。
まだまだ、私は15,6年しか働いておりませんが、
それが日とって40年ぐらい働くんですもんね。
すごいです。

そんなわけで、ご退職祝いに一緒にお越しくださいました。
友人もゲストさんもとっても上手。
お料理も上手だから、色々器作りが広がります。
20181116_141639
ゲストの方は、もう、会社がなくなったら、ちょっと何していいのか分からなくなっちゃう。
とおっしゃっていましたが、
私も土を卒業する時はそうなるんでしょうかね。
死ぬまで触っていたいですが。

友人はスマートにご招待したいからといって、綿密に御代の支払いについて打ち合わせしていたのに、
お土産に持ってきてくれたパンの中にティッシュで来るんだお札が入っておりました。
だから、好きなんだ、こういうところが。

友人、ゲストさん、ほんとに仲良しなお二人と楽しい時間でした。
ありがとうございました!

Dakota-中学生日記。

あ~。
これだから講師業はやめられない。
めっちゃめちゃ楽しい体験時間でした。
とある中学校からの職業体験で10名の生徒さんを受け入れました。
毎年、子供と大人で揺れるこのデリケートな年齢に
あどけなさを感じたり、社会性を見たり。
それだけで、清々しい時間なのですが、
今回のメンバーはまるで私と近所のお姉ちゃんと話すかのように
目をキラキラさせて接してくれるのです。
陶芸の色々ももっと知りたいらしく、様々な質問を受けました。
講師冥利に尽きます。

この大切な時間の中では、成人した大人は私一人。
いつも、中学生が次の集合場所に遅れないように送り出すのですが、
今回ばかりは、ぎりぎりまで土と遊びました。
最後は、まるで朝練に行く娘息子を送っていくおかんのように
バタバタと忘れ物チェック。
こういう出会いは一期一会ですが、みんなの健やかな成長を陰ながら応援しています。
20181116_100503

Dakota-横浜陶ISMに出ます。

今週末の陶ISM用に作ったお猪口です。
展示が終わって、ほっとつく暇もないまま久々催事に挑戦します。
どれもこれも勉強!
IMG_20181120_122622_688
学生時代、いつもつるんでいた仲間の中で、金曜日の夜になると、
「キッスがしてぇ~。」と淡い期待を抱いて夜の街に繰り出す友達がいました。
そして、大概の月曜日には浮かない顔をしていたそんな彼のことを思い出して作りました。

参加作家一覧で事務局に置かれるようなので、
自身のブースでは置いていません。
私のブースでは皆様の生活向上には特に役に立たないものを
置かせていただいておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

陶ISM2018 in 横浜

2018年11月23(金祝)-25(日)
10:00-19:00
(最終日は18:00まで)

横浜赤レンガ倉庫1号館2階にて

Dakota-出張サービス。

ずっと背中を追いかけている先輩は、その昔、第三世界で窯の技術を教えていて、帰国された今は、展示に催事に超売れっ子陶芸スターなのであります。
久々に先輩と話す機会があり、
”あれ?まだお前は講師業やってんのか。”と言う話になる。
”作品で早よ、独り立ちせなな。”
と激励も。

そんな憧れの先輩のアドバイスにも逆らって、新しいことをスタートしたいと思っている自分がいる。
私は、先輩のように陶芸で小さな村を救ったりは出来ないし、
お腹を空かした子供達に盛ってあげる器すら用意できない。
でも、小さな心を育てるお手伝いをしたいと思っている。

この度、dakota工房では陶芸の保育園・幼稚園出張サービスを始めます。

独り立ちには作品で食っていくのが必要なのかもしれないが、
私と言う陶芸人が出来ることのひとつにこれがある。
それならば、喜んで名乗ろうと思う。
ねんどのアッコ先生。
なかなか、自身の足では来れない年齢の方々のところ、
津々浦々、粘土を担いで出向きますよ。
年明けには本格的に始動予定です。

そんな中、早速トライアル的な感じで近所の保育園にお誘いいただきました。
うちの工房には入りきらない園児数だったため、急遽出張となったのですが、
来年に向けてこちらも体験できてよかったです。

今回は、親御さんも一緒に。
20181111_101328
どうにもこうにも子供にもてたいもんで、紙芝居も作りました。
これがヒットするには、場数を踏まなきゃ!!
20181110_085505
総勢23名のちっちゃな人たちとめいいっぱい遊べたに休日朝。
楽しかったです。
子供向けにもうちょっと力をつけて帰ってきますね!
20181113_125647

Dakota-陶イズムに出ます。

20181022_152548
狂っている。
展示が終わって催事なんて完全に狂っている。
エントリーした時は展示後に1ヶ月もあるから大丈夫!
なんて思っていましたが、1ヶ月で何もできるはずがなく・・・。
でも、出展します。
横浜は赤レンガ倉庫である陶イズム。
若手の陶芸家ばっかりが集います。

http://www.touism.net/

作品は過去作ですがブローチを増産して持っていこうかと思います。
久々の催事にドキドキしています。

どうぞ、3連休、皆様のご来場をお待ちしております!

Dakota-カウボーイファミリーが来た!

先週、北海道はニセコから義理の妹家族が来てくれました。
K2ステーブルという超人気乗馬クラブを経営しているので、
なかなかこちらに来れず、私達が会う時はいつも広大な北海道の土地。
そんな一家が東京のど真ん中に来るというじゃありませんか!
私も2日間、お休みを頂いてカウボーイ一家に同行。
浅草でもみくちゃにしてやれい!と思いきや、
人より雨!!
史上最強の大雨に見舞われ、まるで映画。
あの短い仲見世でさえ歩き切らず、
工房に避難!!

服やら靴やらをとりあえず乾燥させて
子供たちは粘土やらお絵描きやらにいそしむ。
そうそう。ここは汚していいところだからね。
20181106_152957

20181106_161402
カウボーイ夫婦はいつも北海道に行くと乗馬を教えてくれるので、
今回は、私がろくろを伝授します。
乗馬が下手な私は、今回こそ何でもできる二人に
しめしめ・・・とひそかなリベンジを計画していたのですが・・・。
なんと、めっちゃ上手じゃありませんか!!
20181106_161504
悔しいぐらい上手でした。

兎にも角にも笑いでいっぱいの楽しい一日。
次の日は、カウボーイ一家と夢の国へ行った工房主たちでした。
あ~!!良き思い出!

Dakota-ご近所のマダム。

嬉しいことに、散歩中に知っていただいたという
ご近所の素敵マダムが遊びにいらしてくださいました。
浅草って、街歩きするだけで色々な発見があって面白い街。
新参者の私も、地元の方とお知り合いになれるととっても嬉しい。
20181103_143824
いつも休みの日には一緒に遊んでいるというお二人。
おすすめのお店なんかもいろいろ教えてくださいました。
美味しいものをいろいろご存知のお二人は、美味しいものを召し上がる器を。
お茶碗とボウルを作られました。
大人の浅草散歩に是非又お待ちしております!
20181103_143839

Dakota-dos queridos From BCN.

Ohhhhh….., Que honor de poder escribir este post!
大好きな友達がバルセロナからやってきてくれました。
知り合ってから、そこまでの時間が経っていないけれど、
兎にも角にもいい人という事だけはすぐ伝わるお人柄。
ね??この笑顔。
20181030_165753
すごく大好きなお二人東京に来てくれたので、
一緒に浅草をぶらり。
東京や日本を知るだけでなく、私が生活している環境も知ってもらえたらな。
と、工房にも来てもらった。
観光スポットにもなり得ない場所ですが・・・。
いい思い出になりました。
このお茶碗で、日本食を食べるときはきっと思い出してね~!
20181030_165143